OHHO日記

1999/11/21〜2001/10/13レイアウト更新〜 田熊孝浩

ポン!歌謡曲の雑誌「OHHO」オッホ・ネット版日記 【リンク・フリー】

2003年11月17日(月)
どこまで戻らせるつもりなんだぁ。


 もうほんまに。
 マラソン大会(の見物&荷物持ち&デジカメ担当)から帰ってきたと思ったら、『チェッカーお試し掲示板』は書き込みのオンパレード。
 ど、どこまでページをめくっていけばいいのだ。

 ま、いいけどね。

   ●

 そんな中、昨日の早朝、倉木麻衣さんにベスト盤発売の発表あり。
 倉木さんのファンクラブ・Mai-K.netさんが午前1時くらいにNEWSの更新をしたみたい。
 Mai-K.netのスタッフさん、おつかれさまです。

 それにしてもタイミングが見事だなぁ。
 発表の直前には、倉木さんとリスナーの人たちが選ぶ10曲というのを、FM京都さんの『Mai-K Baby I Like』で放送していたようだし。

 
うまい!

 と思いました。

 でも何よりも、Mai-K.netさんで1番に発表してくれたことが嬉しかったなぁ。

   ●

 で、その「ベスト盤」。
 オリジナルシングル・アルバムを全部持っているぼくにとっては、いつ出してくれてもいいものだったりする。
 来年のお正月じゃなくても別に構わない。

 けど、思い出してみる。
 ぼくが倉木さん以外の歌手の人のベスト盤を買う時はどんな時だっけ?

 それは、デビュー直後に好きになった人じゃなく、ある日突然好きになった人が出てきた時。
 その人の曲をもっと知りたいと思った時。
 「今まで、この人はどんな曲を歌っていたのだろう?」
 そう思った時。

   ●

 倉木さんのことを最近好きになってくれた人がいる。
 DVDとビデオのどちらがいい?と聞いてくれる人や、○○からファンになりましたと教えてくれる人たちがいる。
 そんな人たちに向けて、「シングル曲はこんなんだったんだよ」と教えてあげるにはちょうどいい。
 「ベスト盤聴いてみて」
 で、説明できるもんね。

 でも、ぼくとしては「ベスト盤」ではなく、「A面コレクション」の方が嬉しかったかな。
 『Love, Day After Tomorrow』から『風のららら』まで、発売順に並べただけのもの。
 それも、アレンジを変えたり、ボーカルをとり直すなんてことなしに、単純に曲を詰め込んだだけのもの。
 そんな「A面コレクション」の方がよかった。
 なぜなら、ぼくらが今まで「倉木さんはすごい」と思い続けたこと日々を追体験してもらえると思うから。
 アレンジやボーカルが変わっていたら、同じ気持ちを味わってもらえない。

 だけど、今回はシングルでは数曲収録されないみたい。
 そのことは残念。
 「B面全曲コレクション」で、この借りは返してもらいましょうか。

   ●

 『Kiss』が入っていないのは、GIZAさんのコンピレーションアルバムを買ってもらうため。
 『C'ant forget your love』が入ってないのは、クリスマスDVDを買ってもらうため。

 って説をどこかで誰かが書いていたと思うのだけど、ま、それでもええやん。
 倉木さんのことをCDで知る機会が増えることは嬉しいこと。
 「どのCDを買おうか」
 なんて悩めるなんて、贅沢だなと思う。

 だから、倉木麻衣さんへ。

 「ベスト盤が出たからって、何があっても(温かくかどうかわわからないけど)見守っていますよ」

 (最近MDウォークマンを買ったぼくには、考えてみると、編集をせずにいっぺんにMDへ録音できることも嬉しかったりするのだな)

   ●

 『チェッカーお試し掲示板』よねっち♪さん、どうもです(20165番)。
 〈倉木さんもまた帽子とか服とか持ち物とか大事にする優しい人だと思うス。(#^0^#)
 とのことですが、さあ、どうでしょうか?
 でも、ほんとに優しい人なら、倉木さんに影響されてぼくらも優しくなれるからいいですね。

 同じく、彩の国、カヲルさん(20219番)と、Ryoさん(2022番)、今日は匿名さん(20223番)、urakichiさん(20278番)、どうもです。
 『ナイン』はないん(←すみません。反省)。
 『ラフ』は読みたかったなぁ。
 ぼくはあだち充さんの話の展開は読めませんでした〜(だからぼくにとっては水戸黄門さんではないです〜)。
 え、もしかして「たちお」さん?

 同じく、ピエールさん、どうもです(20354番)。
 ファミマ会員、うーん、誰がいるかなぁ?
 だまされる人が一人も出なければいいですね。

 同じく、A1さん、どうもです(20427番)。
 あははのはー。

 同じく、black catさん、どうもです(20428番)。
 え? ぼくお忍びで何かしましたっけ?
 ラビングユー・ツアーの大阪城ホール2回と、大阪でのMai-K.netさんのイベント1回、あとは、フェアリーテール・ツアーのなら「100」年会館以外に、お忍びしたかなぁ〜?

 同じく、九頭(くず)さん、どうもです(20433番)。
 能力鑑定のページ、会社のマックだと、見事にインターネット・エクスプローラーがおちてしまいました〜。
 家に帰った時に、おぼえていたらトライしてみます(と言いつつ、いつも書いたらそこで用事は終わったと思い、すぐに忘れるのだな、これが。そんな時は九頭(くず)さん、すびばせぬ)。

 同じく、Jさん、どうもです(20434番)。
 香川県綾南町の田村うどんさんに行こうと思って、奈良から讃岐うどんツアーに行きました〜。
 なのですが、現地についてから順路を確認してみると、田村さんに行っていると、他のお店を何軒か減らさないといけないことがわかりました。
 だからその時はずしてしまったため、まだ行ってませーん。
 おっちゃんの人柄が抜群で、そのうえ麺もすごいらしいですねぇ。

 同じく、エッジさん、どうもです(20438番)。
 こちらこそ、どうぞよろしく〜です。

 同じく、mai((=~―エ―~=))〜k2000さん、どうもです(20523番)。
 〈私の僕のあなたのベスト16なる掲示板〉、参考にさせていただきます。
 が、ちょっと違う形になるかもです。数が多いので、いつできるかなぁ?

   ●

 ふー。
 「田熊」と名前を呼んでくれた人全員に返事を書くことがこんなにたいへんなことだとは。
 それも、1行の返事をするだけでもたいへんなんだな。

   ●

 でも、もう一度戻って。

 よねっち♪さーん(20454番)。
 また、「誰が誰かのよう」とか書いてる〜。
 もう悪い癖ですねぇ。
 前の話(誰が誰とが同じ人と言っていたこと)は、ぼくはまだ解決したとは思っていませんよ〜。

 で、そのよねっち♪さんから緋色さんへの書き込みに横はいり。

 緋色さんが、〈私のことを「緋色」としてしっかり見てくれて一人の女の子として扱ってくれて〉(20316番)と書いているんだから、しっかりと一人の人として見てあげたらどうですか?(あ、しもた。ぼくは緋色さんのことを「女の子」としては見てない〜)
 前に、緋色さんはよねっち♪さんに、もっとわかりやすく書いて、というようなこと書いてませんでしたっけ?
 なのに、また長く(ぼくにとっては)簡単に理解できない書き込みをされている。
 人の話を聞いてくれない人に、返事をしようとは思えへんやん(ぼくだったら。でもぼくはよねっち♪さんのことを言えた義理ではない〜)。

 で、『倉木麻衣さんと歩く蒼い詩人たちの会』の話を持ち出すんだったら(よねっち♪さんの20454番の話にはかなりの妄想が含まれていると思うのですが)、537番の詩は読みました?
 もう読まれているとは思うのですけど、

 〈もし彼女が消えたら
 私と君の間には何が残るんだろう


 と、もう誰かは今年の3月5日に書いてられますよ(ま、詩だからと言って、心の正直な気持ちだけを書いているとは限らないけど)。

 〈でも私が消えても
 きっと彼女は君の中に残るんだろうな


 緋色さんは緋色さん、よねっち♪さんはよねっち♪さん、倉木麻衣さんは倉木麻衣さん、ぼくはぼく、…。

 よねっち♪さん。
 誰が誰かのように書いてるとかは関係ないですやん。
 ぼくも何十回となく「田熊はGIZAさんの関係者」と巨大掲示板さんで書かれたけど、ぼくが関係者であってもなくても、そんなことは関係ないですやん。

 ぼくはぼくとして見てくれ〜。

 です。
 ずっとそう思ってました。
 一つのイメージに固定されたくないと思って、名前を次々変えて書いているわけではないんですから。
 よねっち♪さんも、「誰と同じ」なんて言われて、そこから「誰と同じだから、よねっち♪さんは○○だ」と勝手に決めつけられたら、腹が立つでしょ?(立たないですか?)

 「倒れそう」と言っている人がいたら、「大丈夫?」と聞いてしまうのは普通だと思います。
 せやのに、「大丈夫?」と聞く前に、「それはプライベートなこと」というように考えられることがぼくには理解できません。
 誰かが「悩んでいる」と言ってたら、「そんなことはこの場で言うべきではない」というのじゃなくて(誰か、前に言ってたような気もするけど)、「どうしたん?」て聞いてしまう。
 それが、仲間であり、友達なんじゃないですか?(「悩んでいる」から逆に黙っててあげることもあるかもしれないけど。黙ってしまうことがあるかもしれないけど)

 でも、「悩んでいる」とか「倒れそう」とか言うのは「心配させたい」からじゃなくて、よねっち♪さんのことを信じているから書けるんじゃないですか? 『チェッカーお試し掲示板』に書き込んでくれている人たちや、見守ってくれている人たちのことを信じているから、愚痴も言えるんじゃないですか?
 よねっち♪さんもそうじゃないんですか?
 それなのに、なんでそんな時に、大学の教授が生徒に言うように、または会社の仕事のマネージャーさんのように、そんな返事をしなけりゃならないの?

 この日記で何回も言ってますが、もう一度言います。

 ぼくには、歌手の倉木麻衣さんより、書き込んでくれている人たち、よねっち♪さんたちの方が大事。

 だから、よねっち♪さんにたずねます。
 返事はいりません。でも、いつか、どこかで読んでくれることを期待して。

 よねっち♪さん、どうしたん?
 元気ないやん。
 何かあったん?

   ●

 よねっち♪さん、緋色さん。
 横はいり、失礼しました。
 

▲次の日記へ ▲トップヘ


2003年11月18日(火)
12月はむちゃむちゃあるな。


 ヒットカウンターのトップページを少し更新。

 こう並べて書いてみると、むちゃくちゃあるなぁ。
 うーむ、全部買ってしまうのか、全部買ってしまうのか、全部買ってしまうのかぁ〜。

 ベストアルバムの話は、まだHMVさんに掲載されてないのね。
 

▼前の日記へ ▲次の日記へ ▲トップヘ


2003年11月19日(水)
嘘。


嘘なんかつくよ。
平気でついかたどうかなんて、
それは君が考えることだからね。
いくらぼくが説明しても、
どの程度の嘘かなんて、
君にしかわからないからね。
それも、風が吹いただけで、
昨日とは変わってきちゃうだろ。
君が許せないとしたら、
それはそれで仕方がないさ。

誰かが待ってるよ。
夜通し。
それも心配して。

心配してくれる人がいて、
心配してくれることがあって。
その心配してくれることが解決すれば、
心配してくれる人が安心してくれるなら、
平気で嘘をつくよ。

例えば、風邪は治ったと言っちゃうな。
だから元気に徹夜なんかしちゃうな。

なんちゃって。

でも、おぼえていてほしいこともある、かな?
それは嘘もホントも全部かかえて、
話してるってこと。
嘘かホントかなんて見抜ける超能力なんてもってないけど
(ほしい時もあるけれど)。
この世界が仮想の世界だとしても、
みんなが君を認めてるってこと。


あ、FM802から、カワムラユカさんの「アサヤケノウタ」が流れてきた。
そろそろいかなくっちゃ。
 

▼前の日記へ ▲次の日記へ ▲トップヘ


2003年11月19日(水)-2
堪忍どすえ。


 昨日帰る時、「よし、これを明日の朝から始めるか」と机の上に置いた仕事。

 全く手つかずだったよー。

 いきなり年末モードなのか。それともぼくがあせっているだけなのか。
 明日こそするぞ、と思うのだが、明日こそするぞと思うものが2つに増えている。

   ●

 そんな感じで『チェッカーお試し掲示板』が…。
 堪忍どすえ。

 
明日は何ページ戻らないといけないの〜

 ヒットカウンターのトップページ(リンクとか)少し変えました。みなさん、チェックありがとー(←倉木麻衣さん風に。「そう!」と弾みをつけて話を切り出すのもラジオでのクセみたいだなぁ〜)。
 他にも、まだ忘れている分があったら教えてくださいませ。
 

▼前の日記へ ▲次の日記へ ▲トップヘ


2003年11月21日(金)
顔。


え?
オレが金持ちだって?
バカ言っちゃいけないよ。

え?
オレが金持ちだからつきあってるヤツがいるって?
バカ言っちゃいけないよ。

誰が何を目当てに話しかけてきてるかなんて、
ふとしたハズミで気づくもんさ。

だけどさ。
そんなヤツらだって、
時間かけりゃあ、見てくれるんだよ。
オレの金じゃなくって、顔をね。

中にはオレの心をのぞくやつもいて、
余計なお世話しやがるって時もあっけど。
ま、しゃあないわな。
オレもそんなヤツらと心で話したいからさ。

   ●

 あかんなー。
 詩を書くのは難しいなぁ。
 最初の勢いが最後には微妙にヨレヨレになってる。
 理由を説明して丁寧な言葉で終わってたら、もう台無しやんか。
 「蛇足」っていうやつやね。

 とりあえず、「習作」ちゅうことで、残しておこか 。
 

▼前の日記へ ▲次の日記へ ▲トップヘ


2003年11月22日(土)
よねっち♪さんへ。


 『チェッカーお試し掲示板』のよねっち♪さん、まいど(20749番)。
 ここまで長い文章を書けるくらい元気でよかったです。
 「あ、これは精神的にまいっているな」と心配したのですが。

 それにしても、よねっち♪さん、他の書き込みを読ませていただくと、無茶苦茶なこと書いてますねぇ〜。
 特に、20927番。
 ここのところ。

 〈僕が緋色さんの意図の通りに緋色さんを一人の女の子として見て、倉木さんだと思ってメールして、倉木さんだと思い込んでそのうち仮に結婚したいくらい好きですと言ったとするス。で、緋色さんが倉木さんでなくて、例えばポン太さんだったとするス。
そしたら、僕は現実として、ポン太さんとメールしてポン太さんにラブレターを出してポン太さんと付き合って、好きだと言ったことになるス。(ポン太さん、勝手にごめんなさい)
一方で倉木さんが好きだと言いながら。それで、実はとなってから、ほら言ったことじゃない!とは、それは土台無理な話ス。


 もしかして、ここが一番よねっち♪さんが言いたかったこと?(違ってたらすみません)
 この部分って、最初からものすごい飛躍してますよね。
 なんで、〈僕が緋色さんの意図の通りに緋色さんを一人の女の子として見て〉のすぐ後が、〈倉木さんだと思って〉になるの?
 緋色さんを一人の女の子として見たら、その人は緋色さんだと思うのではないでしょうか?

 それから最後には全く関係のない人のお名前まで出されていますが、結婚したいくらい好きになった人が倉木さんじゃなくてその人だったとしても、それはそれで幸せなことじゃないですか。もうその人のことが結婚したいくらいに好きになっているのですから。
 「ほら言ったことじゃない!」と誰に言われようと、「そんなこと言ってたっけ?」と笑うことができますやん。

 それとも、よねっち♪さんは「倉木麻衣」さんという名前の人がいいのですか?
 もしそんな考えで「倉木麻衣」さんとおつきあいすることになったとしたら、それは「倉木麻衣」さんにとってたいへん不幸なことだと思います。
 だって、「倉木麻衣」さんは、よねっち♪さんにずっと、「倉木麻衣」を演じることを強要されるのですから。
 そんなの窮屈じゃないですか。
 よねっち♪さんの前で、おならもできません。

 よねっち♪さんはまだ、よねっち♪さんご自身がどんなことを話しておられるのか、あんまりわかっておられないようなので、奥の手をつかいます。
 もし緋色さんが倉木さん本人だとしたらどうします?
 もしそうだとしたら、緋色さんは覚悟の上で書き込みをされていますよ。
 よねっち♪さんの忠告は、100も承知の上です。
 そのことを知った後に、よねっち♪さんが「あの時は…」と弁解しても、どうでしょう? 倉木さんはわかってくれるでしょうか。
 よねっち♪さんが気づいてくれなかったこと、そして悩んでいる人に追い打ちをかけるようなことを何回も書いたこと、全部見ています。
 そして緋色さんが倉木さん本人じゃなくても、倉木さんがたまたま『チェッカーお試し掲示板』をのぞいた時に、よねっち♪さんから緋色さんへの書き込みを見たらどう思うでしょうか?

 そこに「愛」はあるのかい?

 ぼくならそう思います(「恋愛」の「愛」ではないですよ)

 よねっち♪さん。
 伝書鳩さんがよねっち♪さんの勘違いを訂正されたこと、ちゃんと読まれていますか(緋色さんのお名前の由来のこと)。
 読まれて、自分が勘違いをしていたことがわかれば、「間違っていた」ときちんと返事をしてください。
 でないと、ぼくも再びよねっち♪さんに話しづらくなります。
 よねっち♪さんは、人の話を全然聞いてくれないということですから。

 それなのに、緋色さんにはこんなことを書かれています。

 〈でも、今回これだけ言ったら、たぶん身になると思うス。
伝書鳩さんが僕のメールアドレスを知っているのだから、緋色さんからでも文句があったらメールをくれればいいと思うス。
〉(20927番)

 〈文句があったらメールをくれればいい〉と言われても、人の話を全然聞いてくれない人に、文句があったとしても、なんでメールをしなければならないのでしょう?

 それにしても、ぼくでさえ、誰が誰だかわからないのに、なんでよねっち♪さんはいつも、「誰が誰だ」と勝手に決めつけるのでしょう? 不思議です。
 というより、その癖、やめてください(次からそういうような話を出されて、ぼくが気づいた時は消します)。

 緋色さんが倉木さんだと思って、よねっち♪さんがメール送る。で、その返事を書いていたのは、実はぼくだった。
 なんてことがあったらどうします?

 そんな笑うに笑えないことが起きないようにする方法はただ一つ。
 緋色さんは緋色さん、倉木さんは倉木さん、よねっち♪さんはよねっち♪さん、ぼくはぼくと、しっかりそれぞれの顔を見ること(前にも書きましたが)。
 そうすれば、緋色さんが「Mai-K」と書いていても、それを書いているのは緋色さんだと簡単に理解できます(「却下」とナイスツッコミを入れるのは緋色さんだとわかります)。
 

▼前の日記へ ▲次の日記へ ▲トップヘ


2003年11月23日(日)
朝だ、さむ〜。


 朝日新聞さんの昨日の夕刊のトップ記事にもなってたけど、今年は紅葉が全然。
 自転車で行った嵐山もそうだったけど、昨日、大阪・八尾から見た生駒山もくすんだような緑色と茶色。
 昨日、一昨日あたりから、ガクンと寒くなったので、これで一気にスカパーが見れる?

   ●

 『チェッカーお試し掲示板』のまいく♪さん、どうもです(21026番)。
 『倉木麻衣さんへの掲示板』のことは、会話が続いていると思いましたので、今は何かしようとは思っていません。
 それから、「管理人さん」と書かれていますが、次からは「田熊」か「オッホ」でお願いします。

 同じく、クライムさん(20918番)、hashibaさん(21087番)、チェックおおきにでした。変更しました〜(のつもり。直ってなかったら、また指摘してくださーい)。

 で、クライムさん、禁断の技って?(21084番)
 瞬時に何かわからなかったので、そのままいきます〜。

 同じく、FP@Hiro-T@FOMAさん、どうもです(21064番)。
 体調はまだ万全ではないのですか。
 お大事にしてください。
 (と思えば、FP@Hiro-T@FOMAさんがFOMAになってることにようやく今気づきました)

 同じく、ピエールさん、どうもです。
 あれれ?ピエールさん自身が「明日は誕生日」と書かれたわけではないのですね。
 でも、ま、お祝いの輪に一つ加わって。
 ピエールさん、お誕生日おめでとうございます〜。
 面接、うまくいきますよーに(おー、「ビエールさん」と書いていたよ〜。ピエールさん、すみません)。

 同じく、エッジさん、どうもです(20925番)。
 え?
 あー。全然気にしなくてOKですよ。その時の気分、勢いでいってもらって。
 でも、その場で誰かが「ちょっとちょっと、考えてよ」ということがあれば、立ち止まって考えていただければうれしいなぁ〜。

 同じく、A1さん、どうもです(21009番)。
 いい話をありがとうございます。
 今年になって初めて、いろんなところで11月22日は「いい夫婦の日」と言っていることを知りました。
 「字を書けない」という話は、ぼくの身近でもあります。
 小さい頃は「なんでそんなこともできないの?」と不思議に思っていたのですが、ある時に「そうか。小学校から学校に行かず、家計を助けるために仕事に出ていたのか」ということと結びつきました。
 だからぼくを希望通りに学校へいかせてくれたのか、とも。
 でも、恩返しはまだまだできてないんですよねぇ。
 

▼前の日記へ ▲次の日記へ ▲トップヘ


2003年11月23日(日)-2
プチ断食。


 異様である。
 わたしのお腹は異様である。
 我慢ならない。
 どこまで大きくなれば気が済むのか。

 あまりにも、みにくくなりすぎたので、自ら罰を加えることにした。
 いや、自然に戻そう、クリーン・ジャパン、の精神か。

 
ただいま、プチ断食決行中〜

 朝から食べたものはみかん1つと、飲み物では「DAKARA」と「コーンスープ」が少々。
 現在、午後6時少し前(わお。『チェッカーお試し掲示板』の彩の国、カヲルさん、おおきにです。「午前6時」ではありませんです)。
 あと12時間か。
 もう寝るか。

   ●

 と言いながらも、今日は奈良・斑鳩の法隆寺までサイクリング。
 これで近所にある2大自転車道を制覇。

 法隆寺までの自転車道は、嵐山までと比べるとたいした距離ではない。
 なのに、この寒さ、この風。
 帰り道が、お腹が空いているためか、力が入らず全然進まない。

 法隆寺では、カメラマンのおじさんとモデル犬がいて、観光客のぼくらは見入ってしまったのだけど、そんな思い出も忘れてしまうほど、さむい〜。手がかじかむ〜。

 ♪行きはよいよい、帰りはこわい〜

 の歌が身にしみた、11月のサイクリングでした。
 

▼前の日記へ ▲次の日記へ ▲トップヘ


2003年11月24日(月)
お腹がすかない。


 プチ断食DAYを過ぎた。

 というのに、お腹が空かない。
 おかしい。朝は、「腹へった〜」と思って起きるはず。
 なのに、コタツの上にはアンパンが乗ったまま。

   ●

 『チェッカーお試し掲示板』のポン太さん、どうもです(21095番)。
 ほんと、この木々の色はどうなっているんでしょうかねぇ。
 でも、自転車で法隆寺に着くまでに見たイチョウの木は、1本だけですが、きれいに黄色に色づいていました。
 大阪の真ん中にあるイチョウ並木は色づいているんでしょうかねぇ?

 同じく、ピエールさん、どうもです(21098番)。
 わっちゃー。
 失礼いたしました。
エールさん。

 同じく、よねっち♪さん、どうもです(21109番)。
 へ?メール?
 休日はほとんどメールを見てないので、また見てみます。
 

▼前の日記へ ▲次の日記へ ▲トップヘ


2003年11月24日(月)-2
「マトリックス」。


 お。
 この前の土曜日深夜に放送されたFM京都さんの『Mai-K Baby I Like』。
 倉木麻衣さんが映画『マトリックス』のことをちょっとだけ話していた。
 早くビデオで見たい、というようなことだけだったのだけど、その『マトリックス』。
 ぼくは最近ようやく1本目を見た。
 で、そこで思ったこと。

 
『マトリックス』が『不思議の国』に影響を与えていた?

   ●

 どこがどうかというと。単純に2つのこと。
 一つは、「白いウサギ」が出てくるところ。
 もう一つは、「マトリックス」のことを「支配」と字幕に出たところ。

 ♪「ミルメッド通りの公園の 白ウサギがこの街に」〜
 ♪今日という日を支配されないうちに〜
   (倉木麻衣さん作詩『不思議の国』(アルバム『FAIRY TALE』収録)より)

 おー、倉木さん作詩の『不思議の国』は、本の『不思議の国のアリス』から発想しただけではなかったのですね(←もちろん、ぼくの妄想)。
 また、一つ話を勝手に膨らませて、『マトリックス』を楽しめたのでした。

   ●

 話変わります。

 申し訳ないのですが、『チェッカーお試し掲示板』でお一人の方のアクセスを制限しました。
 今までお名前をあげられた人以外にも、誰が誰だと思いこまれているようなので、冷静になってもらえるまで、しばらく時間を開けた方がいいと思いました。
 『チェッカーお試し掲示板』以外の掲示板には何もしていません。
 だから、他の掲示板は読めるし、書き込んでいただけると思います。
 冷静になられたかな?と思った時には、それが1年先になるか2年先になるかはわかりませんが、アクセスの制限はとりたいと思います。
 冷静になられることを期待します。待っていますので。
 

▼前の日記へ ▲次の日記へ ▲トップヘ


2003年11月25日(火)
いやいやそれは関係ないです。


 なんか、おもーいメールが何通か届いてる〜。
 でも、その内容が一方に偏っているわけではないところが、ヒットカウンターらしいなぁ。

   ●

 で、この日記で返事をさせていただきますと、今回の『チェッカーお試し掲示板』でアクセス制限したきっかけは、「誰が誰だ」ということも理由の一つですが、それが全てではありません。そして、今回のことが主な原因でもありません。またいつもより時期を早めたわけでもありません。
 逆に、ぼくはなぜ今まで気づかなかったのか、とも思っているくらいです。

 何人かの人にお送りしたメールに書いたことですが、

 ○○さんが書き込むことによって、
 ○○さん自身に困ることがあれば、
 それは○○さん自身が責任をとればいいこと。

 ○○さんが書き込むことによって、
 「倉木麻衣」さんに困ることがあれば、
 それも○○さん自身が責任をとればいいこと。

と、思っています(これは書いていませんが、ぼくに責任があれば、ぼくが責任をとればいいことだとも思っています)。

 でも、問題はそこの考え方が違うとかいう話ではない、と思いました。
 もっと複雑というか、奥が深いというか。
 そういうことがすっと見えたので、しばらく時間を置いた方がいいと思いました。

 だから、今回のことは小さなことで、本当はもっとずっと前、もしかしたら倉木麻衣さんがデビューするずっと前からつながっているのではないかなぁ。
 ということも思っていたりして。

 ということで、しばらく時間を置いたつもりです。

 時間を置いてどうなるものでもないかもしれませんが、制限をした人にはここから伝えたいと思います。

 「メール送ったよ〜」。
 

▼前の日記へ ▲次の日記へ ▲トップヘ


2003年11月26日(水)
紅白出場内定。


 
どっひゃー

 これは全く心の準備が出来てなかった。

 家を出るのがちょっと遅れて、ABCテレビさんの『おはよう朝日です』の芸能ニュースを目の端で見たら、倉木麻衣さんが今年のNHK紅白歌合戦に出場することが内定したという。

 
どっひゃー

 不意打ちだ〜。
 不意打ちのままの感想を書くと、ぼくはテレビ出演には断固反対。
 でも、今回の紅白出場内定は、一番いい形でテレビの歌番組に出てくれたなと思う。
 紅白なら、全国で応援してくれた人たちに、一番多くの人たちに届くと思う。
 もしかしたら、海外で応援してくれた人たちにも届くかもしれない。
 ほんと一番いい形で出場を決めてくれてありがとう、といいたいくらい。

 でも、ぼくは今持ってテレビに出ることは反対なんだけど、決まった以上(まだ、「内定」という話だったけど)、しっかりと全国のみんなと応援したいと思う。
 頑張っていきましょう、倉木さん。みんなと一緒に。
 おー。

 はー、もう、朝のぎゅうぎゅう詰めの近鉄電車で、こんなに胸をバコバコさせていたのは、珍しいとは思うのだけど、緊張するなぁ。
 ぼくが緊張しても仕方がないのだけどね。

 倉木さん、「(紅白に出場しても)応援していますよ」。
 

▼前の日記へ ▲次の日記へ ▲トップヘ


2003年11月26日(水)-2
まだドキドキが続いてる。


 こりゃとんでもない心のバクダンだったんだな。
 まだドキドキが続いているやん。
 勢いあまって、アンケートをまた一つ追加。

 『「NHK紅白歌合戦2003出場決定」について一言どうぞ。』
 
http://hpcgi1.nifty.com/ohho/tvote.cgi?event=ankmai80

   ●

 なに一つ解決してない。
 変わったことも何もない。
 動いたことも何もない。

 だけど、みんなでお祝いと言ってはなんだけど、いろんな人に会社で「おめでとう」と言われるし、やっぱりみんなで「倉木さん、ありがとう」と言いたいと思うので、そっと解除しました。
 

▼前の日記へ ▲次の日記へ ▲トップヘ


2003年11月27日(木)
金閣寺。


 ようやく心は平静。
 でも話題は倉木麻衣さんのNHK紅白歌合戦出場について。

   ●

 倉木さんの出場形態はNHKホールの会場ではなく「中継」という噂がある。
 そしてその中継先はこの前京都学生祭典を行った平安神宮というもの。

 〈今、急浮上しているのがNHKとの間をとりもった平安神宮からの中継。昨年、中島みゆきが黒四ダムから出演し、高視聴率を獲得したsため、NHK側は「今年も続けていきたい」と前向き。倉木はオリコン1位を獲得した山口百恵さんの「イミテイション・ゴールド」を、プロデューサーを務めたB’zの松本孝弘のギター演奏で歌う可能性もありそうだ。
   (『SANSPO.COM』より)

 『SANSPO.COM』さん
 
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200311/gt2003112701.html

 しかしである。
 プチ霊感者になりきって言ってみると、その中継先は平安神宮ではなく、金閣寺ではないだろうか。
 なぜか。
 その理由を問うのか?
 その理由を私に聞いてしまうのか?
 なぜ金閣なのかを私に聞いてしまうのですね。
 なぜならそれは、

 
今読んでいる本が三島由紀夫さんの『金閣寺』だから〜

 (霊感って、そんな感じなのかな?)

   ●

 それにしても、三島由紀夫さんの『金閣寺』は退屈。
 表紙カバーの「不朽の金字塔」の文字を見て、「ぼくは今、不朽の金字塔を読んでいるのだ」と何度も思おうとしたのだけど、ところどころに難しい単語が出てきてしまう。
 たしかに表現は豊か。同じ単語は二度と出てこない感じ。
 でも、読んでて退屈だったのよね。
 「どうせ最後には燃やすのでしょ」
 そんな投げやりな気持ちがぼくの中にあった(推理小説として読んでたのかも)。

 しかしである。
 今読んでいるところは、282ページ(字が大きくなった慎重文庫さんの『金閣寺』104刷)。
 その直前あたりから、ガゼン面白くなってきたのだ。

 「どうせ最後には燃やすのでしょ」

から、

 「どうしても、どうしても燃やしてしまうの?」

になってきたのである。

 ううむ。これが「不朽の金字塔」というものなのだろうか。
 最後の330ページまであと50ページほど。さて。

 
金閣寺は燃えてしまうのかあー

 (燃えなかったら話にならないと思うけど)

   ●

 で、その金閣寺が燃やされた時の新聞記事が載っているホームページみっけ。

 『Sankei-news』さん
 
http://www.sankei.co.jp/databox/50ys_ago/html/5007/03.html

 それにしても、文学ってなんなんでしょうね。
 ここまで三島由紀夫さんに書かれて、金閣寺の住職さんはどう思ったのでしょうか?

   ●

 ってことで、話は戻って、倉木さんのNHK紅白歌合戦の中継先について。

 もし金閣寺だったら、なんかちょーだい。(←もう当てモン状態)

 ちなみに、金閣寺が燃やされたのが1950年。
 現在の金閣寺が建てられたのが1955年。
 全面金箔が貼り替えられたのが1987年とのこと。

 一人の手によってそれが灰にされたとしても、「もう一度」と思う人が集まれば、そこから歴史になっていくんやね。
 再建されて、もうすぐ50年か。
 

▼前の日記へ ▲次の日記へ ▲トップヘ


2003年11月29日(土)
奈良市立中央図書館。


 今日は奈良市立図書館で本を3冊借りてくる。

 『信玄戦旗』松本清張さん著
 『サヨナライツカ』辻仁成さん著
 『ティッピング・ポイント』マルコム・グラッドウェルさん著・高橋啓さん訳

 『信玄戦旗』は「あらら、松本さんが時代物を書いている」と思って手に取ってみると、中には地図や写真が載っていた。これならぼくにも読めるかな。
 『サヨナライツカ』はずっと前に、『チェッカーお試し掲示板』でたぶんひびきさんがお薦めしてくれてた本(ひびきさん、違いましたっけ?)。こんな図書館で出会えるなんて。
 『ティッピング・ポイント』は小さなきっかけが大きな変化を生み出す現象を書いている(らしい)本。これまたずっと前から探していたもの。

 そんなそれぞれの理由で借りてきたのだけれど、どれから読もうか。
 あー、それにしても、一番借りたかった三浦綾子さんの『塩狩峠』はなかった。残念。

   ●

 ヒットカウンターにアンケートを一つ追加。
 うりいたさん、ひろしさん、おおきにです。

 『「紅白」ではこの曲を歌ってぇ〜。』
 
http://hpcgi1.nifty.com/ohho/tvote.cgi?event=ankmai81

   ●

 今日もまた、近所のTSUTAYAさんではビデオレンタル1本100円セール実施中。
 最近、ちょっと離れたところに同じ業種のレンタルビデオショップのGEOさんができたけど、そのお店は開店記念として、ビデオ1本10円セールをしていた。

 う〜ん、食べ物ならば、最初は10円で食べたとしても、おいしかったら、値段が正規に戻っても同じものを食べると思う。
 けど、ビデオは1回見たら、もう2回と同じものを借りてくれないと思うのだけどなぁ。

   ●

 そうそう、それはテレビの歌番組でも同じことだと思う。
 1回目は見てくれるけど、2回目は見てくれない。
 だから、2回目は2度とない、リベンジをする機会はもうない。

 そんなギリギリの気持ちを持って、倉木麻衣さんにはNHKさんの紅白歌合戦に出てほしいな、と思う。
 ぼくらも、思いっきり念じて念じまくって、最初で最後(にしてほしい)紅白歌合戦の出場を応援するから。

 そしてもう一つ、今から念じて念じて念じまくって、祈っていることがある。
 それは、今回のNHKさんの紅白歌合戦に出たあと、他の歌番組にも出るのじゃないかということ。
 どうか出ないで、出ないで、と祈ってる。
 倉木さんはテレビの歌番組に出ても変わらないかもしれない。今まで通りに、ぼくらの心に届く曲を作って歌ってくれるかもしれない。
 けど、ぼくの心は微妙に変わるのだろうな。

 それは終わりの始まりになるのかもしれない。
 たぶんそれが「ティッピング・ポイント」?
 テレビの歌番組に出るってことは、ぼくの中では、「今までの応援では足らないのよ」と言われた気持ちになるからかな。
 「まだ出会ったことのない他の人に応援してもらうから大丈夫」。
 そう言われた気分になるからかな。

 今はまだはっきりわからないけど、今まで持っていた気持ちの何かがかけ、何かが入ってくるのだろうな、とぼんやり思ってる。

 もし、そうなったら、「君なら大丈夫さ」と微笑んで言ってあげたいな。
 

▼前の日記へ ▲次の日記へ ▲トップヘ


2003年11月30日(日)
黒滝村のこんにゃく。


 今日は、紅葉が見れるだろうと、奈良の南の方へ。
 五条にある「本陣」といううどん屋さんで、「特上天ぷらうどん」を食べる。1200円なり。
 エビがでかい〜。
 一度で口に入らない〜。

 その後、黒滝村にある道の駅で、再び世界一うまい(とぼくが思う)こんにゃくを食べようと、車を走らせる。
 が、きれいに道を間違ってしまう。
 ダムがある、車が1台しか通らない道をぐるぐると1時間ほど。対向車がくると、よけるためにバックバック。

 
ぼくにバック運転させないで〜

 危うくぼくとストリーム(車)はダムの底でした。

 ようやく着いた黒滝村の道の駅。
 こんにゃくは、相変わらず世界一うまかったぁ〜。
 1串100円なり。

 途中、ダムの横の道を走っている時に天河神社の入口を発見。
 芸能の神ということだったので寄っていこうかと思った。
 が、雨が降っていたので断念(傘忘れた)。
 仕方がないので、神社の最初の赤い鳥居をくぐったところにあるバス停車場から、大晦日のことを祈る。

   ●

 『チェッカーお試し掲示板』のH.Sasamotoさん、どうもです(21492番)。
 〈このサイト(BBSなど)のポリシーを明示されることをお勧めしたいと思います。〉とのことですが、そのことはもうずっと前からトップページに書いていたりします。
 時々、「あー、読んでくれていないんだろうなぁ」という書き込みもありますが、そんな書き込みをされる方も、いつかは読んでくれるだろうと思って、そのままにしている時もあります(ぼくが気づかないだけでそのままになっている時は多々ありますが)。
 なので、今のところトップページの説明以上に付け加えたり、別のところに掲示したりするつもりはありません。
 それから、H.Sasamotoさんは〈「プライベートの書き込み不可」〉と書いてくださっているのですが、ぼくはそこまで書いていないのだけどなぁ、と思いました。
 「また、倉木さんのプライベートなことに関する具体的な名前も、それが合っていても間違っていても、すべて消します 」とは書いた覚えがあるのですが。

 同じく、修刹さん、どうもです(21489番)。
 永久にアクセス禁止にすることは、ぼくの力では誰に対してもできません。
 また、誰に対しても永久にアクセス禁止にしようという考えはありません。
 ですので、せっかくご要望を書き込んでくださったのですが、お応えできずに申し訳ありません。
 

▼前の日記へ ▲トップヘ