2000/1/31

OHHO日記
インターネット編
1999/11/21〜 田熊孝浩
ようこそ。あなたはこのページを訪ねてくださった
人目の方です。

2000年1月1日(土)
 みなさん、あけましておめでとうございます。
 と言っても、いったい誰がこのページを読んでくれているのか、それが全くわからない。2人、「郡亜喜弘」と「堀井一友巳」という男たちがこのページを発見しているのは知っている。他に確認がとれているのは、ガーデニングのホームページをもつKさん。でも、その他には、このページに来てくれた人は、できたての頃に来ていただいたHALLOでホームページを作っている人くらいしかいない。
 今日、さっき人数を見ると「245人」。いったい全体、オレはこうして誰にしゃぺっているのだろうか。

 まぁ、そんなことはさておいて、いつかこの日記も『OHHO』の次の号用の原稿にするのだ、ということで続けていくのだ。

 きのう、宇多田ヒカルさんから手紙がきたということを書いた。
 宇多田さんのホームページへいくと、それはホンマの話だった。
 スタッフの人のダイアリーのページに簡単ないきさつとどういう人に送っているかが書いていた。(宇多田ヒカルさんのホームページの中の、「スタッフダイアリー」1999年12月28日分参照)
 宇多田ヒカルさんはじめ、スタッフのみなさんはえらいなぁと思いました。

 話は変わりますが、今朝の新聞に『「SPEED解散阻止」変電所放火少年が供述』という記事が載っていた。
 気持ちはわからないではないか、あのあの、である。
 あのあの、それは話が飛びすぎである。というか、人の話を全く聞いていないではないか。というのも、解散はSPEED自身がしたかったのではないか。それを、何で「阻止」しようとするの。一体全体、「阻止」して誰が幸せになるのか。幸せじゃないSPEEDさんたちの顔を見ることが、放火をした少年さんの幸せなのだろうか。
 そんなことをしてしまうから、岡田有希子さんは死んでしまったのではないか。と、これも話が飛びすぎである。

 で、このページが重くなってきたので、分割するのであります。前の分は別のページに移動移動であります。

2000年1月2日(日)
 このホームページの文字を大きくした。
 自分で他のページを見てて、小さい方が絶対いいと初めは思っていたのだが、最近見にくいのでは?と考えが変わってきてしまった。

 『倉木麻衣ヒットカウンター』のページに多少追加した。ヤフー(グー?)で検索して、「倉木麻衣」の文字があるページにいろいろ行ってみたが、新譜紹介でほんとに「倉木麻衣」の文字しかないところがほとんど。感想や批評が書いているページは少ないんだな。
 それでも、倉木さんの公式ホームページが見つけられたのでOKか。

2000年1月3日(月)
 OHHOで知り合った人たちがくれた年賀状に返事を出そうとしたが、年賀状が底をついてしまった。
 すみません、ツチヤさん、ナカザワさん、クリタさん、フジイさん、ショウジさん、コンドウさん。
 申し訳ないのですが、「OHHOホームページopen」のハガキを送らせていただきますね。

2000年1月5日(水)
 今日も、FM802で倉木麻衣さんの曲がかかる。早くメジャーにならないのかな。

 ダニエル・キイスさんの『24人のビリー・ミリガン・上』は着々と283ページまで読み進む。
 『文芸春秋』の宇多田ヒカルさんの対談のタイトル『もうひとりの私』というのはどういう意味なのだろうか。「もうひとりの私」とは、宇多田さんの中のどの部分だろうか。そして「もうひとりの私」を宇多田さんはわかった方がいいのだろうか。「これから先の」ということを考えると、何が幸せなのだろうと考えてしまう。もし、今が一番いい時だったら、どうなのだろう。

2000年1月7日(金)
 昨日と今日、ちょっとした用事でFM802をほとんど聞けなかったが、倉木麻衣さんはかかっていたのだろうか。

 そのことも心配だが、このページのカウントが急ピッチで増えているように思う。
 1日にオオタニくんが3回、ウノさまが47回ということはわかったのだが(オオタニくん推測による)、ここ2日間は、70回くらいになっているので、これはあかん、と思う。
 こんな中途半端なページの時に、こんなけ多くの人が来てくれると、もうちょっとマシになった時には誰もきてくれなくなるのだ。倉木麻衣さんの情報も誰もくれなくなるのだ。困った、失敗した。インフォシークさんとかの検索エンジンに登録するのは早すぎた。

 昨日初めて、このホームページのメールで『南野陽子は大丈夫か』のご注文をいただく。Bさん、どうもすみません、ありがとうございます。なのですが、『南野陽子は大丈夫か』の本のカバーは汚れた分しか残っていないのです。その分を発送いたしますが、もしその分でお気に召さない時は、代金は要りません。初メール注文記念として、プレゼントいたしますので、何も言わずに受け取って下さい。

2000年1月8日(土)
 Bさんに『南野陽子は大丈夫か』を発送。
 きれいなカバーを探したが、汚れや破れたものしかない。
 Bさんに申し訳ない。

 で、うーん、これで代金をいただくということはちょっとできないな、としみじみと思う。『OHHO書籍バックナンバー』の『南野陽子は大丈夫か』は品切れということにしよう。

2000年1月9日(日)
 ダニエル・キイスさん著『24人のビリー・ミリガン・上』を読み終わる。
 次は下巻だ。
 ここまで読んで思っているのは、僕がミリガンの立場になって考えるということ。僕の中に他の人格があり、その人格たちが僕に入れ替わり出てくるとする。その間僕は眠った状態にあり、僕が起きるとまわりの状況が全く変わってしまっているとしたら。
 「どうしてこんなに時間が経つのが早いのか」と僕らはよく言う。ミリガンはその言葉を聞いて、「ああ、時間を喪失しているのは、僕だけじゃないんだ」と思う。
 僕は今、本当の僕なのだろうか。

 こんな感覚と同じことを時々思うことがある。それは、みんなが見ている「色」と僕が見ている「色」は同じなのだろうかということ。
 実際には別々の色を見ているのに、それぞれの名前が同じなだけじゃないだろうかということである。
 僕が「赤」と思っている色は、他の人の中では僕の「青」が見えている。けど、他の人は、僕の「青」を「アカ」という名前で呼んでいるから、僕と他の人は違う色に見えていても、名前が同じ「アカ」だから会話が通じている。のじゃないかって。
 僕らは、別々のものを見ていても、「言葉」という、もう一段階違うものをはさんで、「共通」の会話ができているのではないだろうか。

 よく考えると、「お金」もそうやな。働いて、「お金」をもらって、ものを買う。「働く」ことと「買う」ことは、全く別のものだけど、間に「お金」をはさむことで、「働く」と「買う」がつながる。
 「お金」の発明はすごいものやってんなぁ。

2000年1月9日(日)-2
 午後4時5分、地下鉄天神橋筋六丁目駅の近くにある吉野屋で。
 倉木麻衣さん、宇多田ヒカルさんの曲が続けてかかる。牛丼を食べるのに10分もかからない間にこの偶然。すごい。ラッキーイ。
 でも、どこの有線の何のチャンネルなんだろう?

 PDFファイルを作るために今日も会社にきている。
 アクロバットのディスティラーというソフトが今、一生懸命PSファイルをPDFファイルに変換してくれている。その待ち時間にDJの谷口キヨコさんのページをインターネットで探す。
 と、びっくり。ようやく見つけた。谷口キヨコさん(キヨピー)は「ともだち事務所」というところに所属している人だったのだ。
 名古屋の事務所というのは、ずっと前にラジオで聞いたことがあったが、その事務所の名前が「ともだち事務所」とは。できた話やね〜。
 谷口さんの声が聞けるのは、今のところ、関西地方しかないと思うが、ということは関西以外の人はかわいそうやなぁ、もったいないなぁ、と思うのである。あのハイテンションボイスを聞けないなんて、たぶん人生の何分の1かは損をしていると思う。
 みなさん、関西に来なさい。というか、キヨピー、はよ、全国制覇しましょうよ。(今、天王寺MIOのバーゲンのTV・ラジオCMの声をしているのがキヨピーです)

2000年1月10日(月)
 いったい、どうなってるんだ。である。
 朝起きるとカウントが「800」を越えているではないか。さらに、SKYさんから、「まだ変なタテ書き表示が直ってない」と連絡をいただく。
 ととと、ということは、800人もの人が「変なタテ書き表示」を見てしまったのではないか。あいたた。もう終わりだ。倉木麻衣さんの足を引っ張ったようで、あいたた。ああ、取り返しが…。

 ちょっと代えてみましたけど、Iさん、SKYさん、どうですか?

2000年1月10日(月)-2
 インターネットのホームページ『SWEETY BBS』で、倉木麻衣さんがオリコンで10位に入ったことを知る。すごい。本当?
 それにしても、SWEETY BBSさんに載っている倉木麻衣さんの情報はいつも新しくて豊富なのだ。

2000年1月11日(火)
 今日はFM802で、倉木麻衣さんが2回かかる。午後5時半くらいと、午後7時半くらい。違う番組で1回ずつだったが、5時半くらいの時は、DJの人が「やたら問い合わせが多い」と言ってくれていた。また、「月曜日の鮎貝さんの時には、倉木さんの生の声が聞ける」とも。おーーーー。
 で、FM802のホームページで、鮎貝さんという方が月曜にDJをしているのは何の番組か調べてみた。
 『ROCK KIDS 802』(午後4時〜7時)。
と、いうことです。今日のDJの浅井博章さんが「月曜」と言っていたのでありますから、もちろん月曜日は来週の月曜1月17日でありましょう。
 FM802のホームページからリクエストもできるみたいなので、それに合わせてどひゃどひゃしたら、もっとかけてくれるのかな。

2000年1月12日(水)
 今日はFM802で、倉木麻衣さんが3回かかる。
 いったいどうなっているんだ。番組ごとにかかっている感じだ。
 午前11時20分頃、午後1時22分頃、午後6時半頃の現在までのところ、3回確認。
 これじゃ、ヘビーローテーションのジッタリンジンさんの『自転車』(?)よりかかっているのではないか。

 話の内容は、昨日のCD発売日の段階からもっとつっこんでいた。
 『FLOWER AFTERNOON』の仁井聡子さんは、倉木さんと会った時の話をしていた。それによると、「アイドル(?だったけ)のように、めちゃくちゃかわいい」(表現は田熊が変えています)とのようなことをおっしゃっていた。
 そんな話、FMで曲を聴き、顔もスタイルも関係なくCDを買ったものはどうしたらよいのだ。あの曲の上に、それに「めちゃくちゃかわいい」(表現・田熊)ということまでプラスされると、『HAPPY FUN RADIO』の中島ヒロトさんが今日言ったように「今年はすごいことになる」(表現・田熊)ということに、本当になるのではないか。私たちの人生にとっても「すごいこと」になってしまうのではないか。

 で、倉木麻衣さん関する他の新しいこととしては、ホームページ『SWEETY BBS』に掲載されていた話で、理紗さんと言う方が「さっき『ワンダフル』見てたら、2000年ブレークアティストってのをやってて、そこで倉木さんが紹介されたんですけど、なんと本人からのコメントがありました!」と、倉木さんのコメントを紹介しています。(どんなコメントだったかは、『SWEETY BBS』参照)。
 また、同じ『SWEETY BBS』さんで、30さんが、「倉木さんデイリー5位!」というニュースも載せています。

 ということで、倉木麻衣さんの最新の情報を知りたい方は、是非『SWEETY BBS』さんへ訪れてほしいと思うのです。そして、一言書いてほしいと思うのです。

 しかし、ほんま、このOHHOホームページもめちゃくちゃカウントが増えている(さっき見ると、1200を超えていた。1月1日が200台だったのに、どうなってるんだ)。ってのは、きっと倉木麻衣さんのせいなんだろうなぁ。

 ちなみに、倉木麻衣さんは2枚のCDを発売してて、アナログのレコードも輸入盤であるとか。プロモーション用のCDもあるらしい。そんな話をもっと詳しく知りたい方は、是非『SWEETY BBS』さんへ。

2000年1月13日(木)
 やっぱり、きのうの反動なんだろうなぁ。
 FM802で、今日は倉木麻衣さんの曲は聞けず(聞けない時間が結構あったが)。まぁ、しゃあないか。

 それよりもそれよりも。
 オリコンのデイリーで、今日は4位になっていました。どど、ど、どうする?
 ちなみに、この前毎日放送の『ブロードキャスター』で取りあげられた、大泉逸郎さんの『孫』は7位、プッチモニの『ちょこっとLOVE』は8位。どど、どうする!

2000年1月14日(金)
 今日も倉木麻衣さんの曲はFM802で聞けず。

 が、またしても、オリコンのデイリーで順位がアップ。今日はなんと3位だ。ということは、ベ、ベスト3に入った!ということなのね。
 あと、上にいるのは1 位のMr.Childrenさん『口笛』、2位のSADSさんの『赤裸々(初回完全限定盤)』のみ。その次に、倉木麻衣『Love, Day After Tomorrow』とある。
 めでたい毎日やなぁ。
 あと、ホームページ『SWEETY BBS』さんの中で、ふっちぃさんが明日倉木さんが取りあげられる番組のことを書いている。詳しくは、『SWEETY BBS』さんまで。

2000年1月15日(土)
 今日は、倉木麻衣さんの曲がFM802で1回かかる(午後12時40分現在)。午前11時35分のこと。

 OHHO掲示板のリンクがつながらない。
 OHHO掲示板は、『Hello!』さんという、宝島社さんが開いているホームページの中にあるのだが、サーバーの移動中とかで、ここ2、3日おかしいようだ。宝島さんからもお詫びメールもきている。それに比べて、このOHHOのホームページはどうだ!
 きのう、今までに自分が作ったページのリンクを確認したら、いろんなところで全然違うところへ行ってしまうことが判明。特に『倉木麻衣ヒットカウンター』の中がひどい。ああ、すみません。申し訳ない、です。

 あー、今日のオリコンのデイリーは6位。でもまだベスト10内にいるんだもんなぁ。倉木麻衣さんは、来週の月曜日、fm802に出演ですね。

 それから、宇多田ヒカルさんは、この1月19日に重大発表をするらしい。それも、ホームページ上で。今、宇多田さんのオフィシャルホームページでは、その発表に向けて、ネコがカウントダウンしています。
 そのホームページのURLはこちら。
 http://www.toshiba-emi.co.jp/hikki/

2000年1月16日(日)
 びっくりした。心臓が止まるかと思った。
 毎日放送の『CDTV』を見ようとチャンネルを替えたら、倉木麻衣さんがテレビに出ていた。午前0時50分頃。『Love, Day After Tomorrow』のCMだった。久しぶりに心臓に悪い出来事だった。

 今、1時8分。2回目のCMを見た。正念を入れてみた。キレルほどの美人じゃないか。売れろ。売れろ。でも、テレビには安っぽく出てほしくないなぁ。

 なんと、1時15分。今度は『CDTV』に18位で出てきた。すぐ後に、郷ひろみさんが出てきた。dreamさんなんて蹴ちらせ。
 あかん、あかん。なに興奮してるんだ。
 早く宇多田ヒカルさんに並べ。

 CMより、『CDTV』の方が長かった。イスにすわりながら歌っている姿は、なんかやせているなぁ、と言う感じ。
 今年はなんて騒がしい、いい年なんだろう。

 だんだん、落ちついてきたが、落ちついて考えると、こんな顔や姿が見えてしまうと、倉木さんは、それだけでずっとZARDさんくらいになってしまうのではないか。と、ということはちょっと待てよ。いいんかいな。それでいいんかいな。いいんやろな。それでもいいんやろな。
 けど、待てよ。ということは、曲はどうなるのだ。輸入盤のような、歌詩がピンとこない英語詞の歌でも相当売れてしまうのではないか。となると、面白くないぞ。『Love, Day After Tomorrow』が2000年の歌を変えていくのは、曲がすごいから、歌詩が僕にもわかるからだ。感情が入るからだ。
 あかん。このままやったら、ルックスだけでも売れてしまう。もしかしたら、そこで、道を誤るかもしれん。なんとかせんと。なんとかせんと。

 はー。今やっと、『CDTV』が終わった。
 こら、この倉木さんのCMは、これから夜に頻繁に見られるのではないか。宇多田ヒカルさんの初めのTVCMのように、結構深夜番組の合間に流れるのではないか。

 しかし、dreamさんって、なんであんなにイヤイヤ歌っているのだろう。やめりゃいいのに。売れりゃいいのか。有名になれりゃいいのか。
 

2000年1月16日(日)-2
 あかん。何回やってもつながらない。
 『OHHO掲示板』へのリンクがこの2、3日つながらない。
 うーん。残念。

 今日のオリコン・デイリーは5位。ほんまに週間で10位内に入るのではないか。僕の家の近所のスーパー『近商』の有線でも午後4時20分頃にかかっていた。あと心配なのは、急速に売れているため、買いたい人が買えない「売り切れ」状態が続き、売り上げが伸びないこと。
 やっぱ、こう急に売れ出したのは、テレビCMを読売テレビの『名探偵コナン』とかで流し始めたからだろうなぁ。

 今、午後5時58分にホームページ『Love Tomorrow』さんの掲示板で知ったのだが、倉木麻衣さんが中日スポーツに取り上げられているという。この情報の提供は、katsuさん。『Love Tomorrow』さんの掲示板のURLはこちら。http://www64.tcup.com/6414/gokres.html
 中日スポーツのホームページの「(16日)ポスト宇多田ヒカル、倉木麻衣に注目/米から?逆輸入?デビューの16歳」のところにあるそうです。
 

2000年1月16日(日)-3
 なんと、Bさんから電話が入る。インターネットの検索でこのページを見つけてくれた方だ。
 『OHHO』は最近(というか、ここ10年くらい)本を出していないが、今までには『南野陽子は大丈夫か』や『松田聖子が好きだった』という単行本を出している。
 そして、その頃にBさんは、『南野陽子は大丈夫か』の1〜3を梅田のロフトで買ってくれたことがあったらしい。で、時間は経ち、最近インターネットで「南野陽子」と検索したら、このページがあり、連絡をくれた。
 南野さんが、もしかしたら70%の確立で、明日の夕方6時50分から朝日放送ラジオ(1008)に出るらしい。10分ほどの番組だけども、とのことだった。
 南野さんは、どうしているのか。「生きていてくれている」。それだけで、「よかったなぁ」と思う。そして、Bさんのような方がまだ南野さんを見ていてくれているなんて、南野さんは幸せやなぁと思う。

 午後9時から、毎日放送のテレビドラマ『日曜劇場・ビューティフルライフ』を見る。
 じんとくる。しみじみといい番組やなぁと思う。木村拓哉さんは好かんけど、ドラマの登場人物の、今回なら「シュウジ」となると、何かええんやなぁ。ま、それも常盤貴子さんがいいからか、それとも脚本の北川悦吏子さんがうまいからかもしれんが。
 とにかく、『日曜劇場・ビューティフルライフ』は毎週、見んとな。ビデオにとっても見ないとな。
 

2000年1月17日(月)
 あー、聞けんかった。
 昨日、Bさんから教えてもらった南野陽子さんのラジオ番組は聞けませんでした。
 うーん、会社のラジオはFM802をずっとかけっぱなしなので、申し訳ないです。気づいた時には時間が過ぎていました。ごめんなさい、Bさん。

 なのですが、FM802に出た倉木麻衣さんは聞けました。
 時間はだいたい午後5時30分くらいからでしょうか。「(CDが)売り切れ店続出」というDJ・鮎貝(あゆがい)さんのコメントで倉木さんのお話がありました。その時間は約1分。なんと少ない!実に貴重だ!

 で、話の内容は「夢」でした。
 アイスクリーム屋さんになりたかった、とか、ピアノの先生になりたかったとか、おっしゃっていました。
 で、最後は「憧れられるようなシンガーになりたい」と。

 そうか、シンガーか。歌い手なのね。どおりで日本デビュー曲の『Love, Day After Tomorrow』への感情の入れ方が尋常ではないと思いました。

 この前、たけしさんの番組で、ヒット曲の作り方、というような番組をしてました。
 そこで、売れる曲の要素の一つとして、「ビブラートがある」ということを取りあげていました。例として、シャ乱Qのつんくさんはビブラートを聞かす曲で売れたとか、美空ひばりさんは低音と高音でビブラートを使い分けているとかいう話があったのです。
 で、そのビブラートっていうと、歌に感情がこもっているかどうか、って感じの話になったと思います。感情をこめて歌えば、聴く方の心も揺れるってことで、松崎しげるさんが『愛のメモリー』を歌ったり、大橋純子さんも『シンプルライフ』で音を上げて実験したり。いろいろ試していました。

 確かに。
 確かにそうではないですか。と、倉木麻衣さんの『Love, Day After Tomorrow』を聴くと思うのですね。
 これはどんな感情の波が入っているのだろう、常ではないぞ、と聴けば聴くほど思ってきます。何だか、CDウォークマンで聴いていて

 「うーーーーーーーー、すてぃ! ういずみっ!」

なんていうところなんかを聴くと、こっちまで熱くなってくるのですね。

 これは、ずっと前にミニコミ誌の『よい子の歌謡曲』で梶本学さんがおっしゃっていた感じに似ているのではないですか。
 それは、ウォークマンをしながら、口パクして歌っていると、その自分がその歌い手になってしまうというものです。そう、『Love, Day After Tomorrow』をCDウォークマンで聴いて口パクをすると、僕が倉木麻衣さんになってしまう、という感じなのですね(梶本さんの場合は、大場久美子さんだったと思いますが)。
 で、僕が口パクをしてしまうと、というより、自然としてしまうと、もう、これは、ホンマ、全身が熱くなり、ようし、ガンバロウという気持ちになってしまうのですね。
 何で熱くなってしまうのだろうと、常々思っていたのですが、それは倉木麻衣さんが「シンガー」になりたいからではないか、と思いました。
 「シンガー」。
 倉木麻衣さんは、歌うことですべてのことを表現しようとしていたのですね。
 だったら、感情もどばどばつぎこめるわけです。そのどばどばと感情をそそぎ込んだ『Love, Day After Tomorrow』に熱くならないはずはありません。こぼれるほどの感情が入っているから、僕らの感情までぐらぐらと、そしてぐつぐつと、揺らして、燃やして、してしまう、されてしまうのですね。

 おそるべし、倉木麻衣。そうか、倉木さんは、シンガーになりたかったのか。

 で、今日のオリコンは9位。週間では17位でした。うーん、やっぱ、ベストテンの道は険しい?のかそれとも、週間の集計は、デイリーをすぐに反映したものではないのか?

 そうそう、FM802で、今日は、午後1時半と、一言しゃべった後の午後5時半すぎと2回かかりました。

2000年1月18日(火)
 今日のオリコンは8位。
 FM802では午後9時7分に1回かかったのを聴きました。

 しかし、それよりも、今日はもう、すごい!と感心したことがあります。
 それは、倉木麻衣さん関係のホームページがいっぱいできていること。
 『倉木麻衣ヒットカウンター』の倉木麻衣さんに関するホームページにも載せさせていただいていますが、もう、何か全国各地で倉木麻衣さんに関するホームページができているようです。しかも、そのどれもがすごい!
 今、あゆぱらさんのホームページの掲示板に伺ったのですが、それがもう、すごいのなんの。楽しい、かわいい、しかも、いろんな人がいろんな情報を教えてくれているではありませんか。す、すごい。
 「今夜のMBS「クワンガクッ」でmaimaiの曲流れるんですよね??」 とNAOさんが聞いていたり、みのるさんは「明日北海道でまいまいのコーナーがあるラジオが入るからレポート待っててちょ!」と言ってくれていたりするのです。これはすごい。あんなに情報がなかった1カ月前が嘘のように、いい時代になってきたなと思います。
 ひぐっさんの『〜Mai My Mind〜』もいろんな人が書き込みをしているので、夜ずっと起きていられる人は、倉木麻衣さん漬けで朝を迎えることができそうでええなぁ。

 ということで、風邪も治ってきたし、いい天気やし、よい時代になっていくなぁ、なのです。
 (しまった、忘れてた。南野陽子さん本・3をまだお送りしていなかったTさん、すみませんでした。10年ほど遅れてしまいましたが、お送りいたしますね。)

2000年1月19日(水)
 今日のオリコンは昨日と同じ8位。
 FM802では午後2時20分と午後4時6分に2回かかったのを確認。その上、今日はどちらも、倉木麻衣さんに対してのDJの方のコメントが少し長かったような。『ROCK KIDS 802』の西任暁子さんは、「ビブラートの細やかなところがたまりませんね」とコメントしてくれ、「(倉木麻衣さんの曲の)問い合わせが多い」とも。ドンドン。
 ちなみに、FM802へのリクエストは、ホームページからもできます。そのホームページのURLはhttp://fm802.co.jp/dear802/index.htmlです。

 今日もまた、あゆぱらさんのホームページの掲示板に伺いました。
 すると、katsuが「またまた!!」というタイトルで、新聞ホームページの情報を載せてくれています。内容は、夕刊フジの記事になったということ。「2000年ブレークしそうなアーチストでダントツ1位になってます。すごい!!ニッポン放送のアンケートみたいです。次々メディアに取り上げられはじめましたね。」ということで、そのホームページのURLも紹介してくれています。http://www.zakzak.co.jp/。「『PM0時〜』の記事で見れます。」とのことなので、一度、あゆぱらさんのホームページの掲示板で確認してから、寄ってみてはいかがでしょうか。と寄ってみますと、その中の「芸能データーベース」→「2000年1月」→「1月18日」→「ブレーク必至、倉木麻衣ってだれ?」というところにあるのですね。

 それにしても、ほんと、すごい倉木麻衣さんの情報量になってきた。
 そうそう、今週の月曜日にFM802にちょこっとだけ出たときの詳しい内容は、ひぐっさんの『〜Mai My Mind〜』の掲示板にdennyさんが書いてくれています。ありがたいなぁ。

 それから、今日ようやく、『OHHO掲示板』へつながりやすくなる。この上にある目次からいくことができるけど、なんとそこの書き込みは、1月12日以来ゼロ!これまたすごいと我ながら思う。

 それにしても、それにしても、どうなっているんだ、と思うくらいの、今日で2744人目。どこから誰がきてくれているんだろう?

2000年1月20日(木)
 今、ヤフーで検索したらこんなふうに出ました。

 「Yahoo! カテゴリとの一致
 検索キーワードをテーマにしたページが下記のカテゴリで一覧できます。
 エンターテインメント:音楽:ジャンル:ジャパニーズポップス:アーティスト:倉木麻衣」

 というわけで、ついに倉木麻衣さんがヤフーデビューです。
 URLはこちら。http://search.yahoo.co.jp/bin/search?p=%C1%D2%CC%DA%CB%E3%B0%E1

 けど、今載っているのは、
「Mai.K Official Website - 公式ページ。ディスコグラフィ、プロフィール等。」のみ。
 「サイトの推薦・依頼 」をしようとしましたが、うまくいきませんでした。 なんで?ヤフーさん。

 今日のオリコンは6位。
 FM802では午後2時8分と午後6時42分に2回。しかし、DJの人の曲名紹介の時は席におらず、聞けなかった。うーん、何ていってたの?西任暁子さん。

2000年1月21日(金)
 昨日のFM802、もう一回流れていました。午後9時6分でした。
 今日は、「HIRO T'S FRIDAY MORNING JAM」の中の「WEEKLY REQUEST TOP5」で5位に初登場。確かこのチャートはFM802へのリクエスト数で決まっていたと思います。リクエストが全国で5位!(と言っても、FM802は大阪の放送局なので、大阪&関西近辺で5位!ということでしょうか)それにしても、すごいじゃあ、あーりませんか。で、その5位の発表の午前11時4分に1回かかっています。

2000年1月21日(金)-2
 すごい。
 昨日、ヤフーのカテゴリーで、「倉木麻衣」を発見した。今日は、『倉木麻衣ヒットカウンター』の検索エンジンのカウンターの表を更新しようと、5つの検索エンジンさんのホームページへいった。
 と、どうだろう。ヤフーは昨日の1個のままだったが、インフォナビゲーターでは「39個」にヒットした。1月14日の時点で「0」だったのに、どうしたのだ。いったいなんなのだ。
 だけど、このページとかは入ってないのよね。申請したはずなんだけどなぁ。

 で、今日のオリコンは、っと、うわっ、また上がってる。なんと3位!だ。1月14日に見たとき以来の3位だ。
 ず、ずごい。

2000年1月22日(土)
 『倉木麻衣ヒットカウンター』がまだ縦書き表示になっていると、『OHHO掲示板』で教えてくださったひぐっさんのホームページ『〜Mai My Mind〜』で、倉木麻衣さんの新譜の発売日と名前を知る。名前は『Secret of My Life』は4月リリース、とのこと。ある番組の新エンディングテーマとなるようで、詳しくは『〜Mai My Mind〜』に行って確認を。

 また、同じひぐっさんのところで、『"Baby I Like"全国情報BBS』ができていることを知る。「"Baby I Like"を探している方へ。」ということで、品切れの店が多くなっている倉木さんのアメリカデビュー曲『Baby I Like』がどこで売っているかを知ることができます。というか、どこで売っているか情報交換をしようというページができています。
 どこかの掲示板で見たのですが、今『Baby I Like』は品切れになっているため、オークションとかでは、5000円とかいう値段になっているとか。僕が大阪・難波の南街劇場の地下にある『DISK・PIER』で買ったときは1200円だったもんね。(けどそれは12月11日の話だから、今もそこで売っているかはわかりません)

 それにしても、『"Baby I Like"全国情報BBS』もそうですが、インターネットでは、倉木さんに関するネットワークがすごいと思う。上記のひぐっさんのところもそうだし、あゆあゆさんのところもそう。公式の情報量が少ないためか、みんながみんなで教え合おうよ、という感じがいっぱいだ。
 それと特に感じるのが、初めての人でも、どこでも気軽に受け入れてくれるということ。まだデビュー直後だからかもしれないけど、なんかいいなぁ、と思う。どんなアーチストでもそんな感じなのだろうか。ずっと、こんな感じが続くといいのになぁ。そしてその輪の中に倉木さん本人が入ってくると、もっと楽しいのに。
 とは思うが、こんな状況になっているとは、倉木さん、全然知らないんだろうなぁ。

2000年1月22日(土)-2
 午後3時半、近所のスーパー・近商に行ったらかかってた。午後6時40分、今度はこれまた近所の中古本屋さんのブックオフに行ったらかかってた。
 なんか町全体が、倉木麻衣さんの『Love, Day After Tomorrow』を響かせ始めたようだ。
 ほんま、せやけど、すごいことやね。
 ほとんど、顔もプロフィールも知られていないのに、こんなけ町全体に広がってくるとは。これはやっぱり原因は倉木麻衣さんにあるのではないな。曲の『Love, Day After Tomorrow』のせいだな。
 けど、宇多田ヒカルさんの時も、『Automatic』がまずFMでバンバンかかり、深夜番組で、「あれ?中山美穂の新曲?」と思われるような顔をしたCMが流れ、毎日放送の『ブロードキャスター』で特集を組まれ、1999年をすべて変えいったように、倉木麻衣さんはまず、『Love, Day After Tomorrow』がFMでバンバンかかっている。深夜番組でもCMが流れ出している。その上、宇多田さんが作ってくれた道がある。

 『Love, Day After Tomorrow』はもっといくだろう。100万枚なんて軽くいってしまうだろう。けど、問題はそのあと。続くかどうか。この状態が続くかどうかは、『Love, Day After Tomorrow』の曲とは別のものだ。

 いくら『Love, Day After Tomorrow』が売れても、続かなくては意味がない。しかし、続いていくだろうという直感が、僕らの中にある。きっと僕らより先にそれに気づいた人は、こうして倉木さんのCDを世の中に送り出してくれたGIZAのCD会社の人たちであったり、もっと前に気づいていたのは、倉木さんのお父さんやお母さんだったのだろう。けど、これからもっと続けるためには、続けていくためには、倉木さんの人柄、そして倉木さん自身の才能にかかっていると思う。

 『Love, Day After Tomorrow』で倉木さんは詩を書いているが、やっぱ詩だけじゃあかんと思う。それは、自分で自分の未来をコントロールできないから。まぁ、山口百恵さんや、松田聖子さんみたいにチームを組む方法もないではないが(ZARDさんなんかも同じかもしれないが)、なんかそれだけじゃない気がする。倉木さんの場合、それだけじゃなくてもいけるような気がしている。

 「作曲を勉強したい」と言っているらしいことは、どこかのホームページで見たような気がする。是非お願いしたいな。

 宇多田ヒカルさんは、人気がなくなっても『Automatic』は残る。たぶん倉木麻衣さんの人気はなくなっても『Love, Day After Tomorrow』は残る曲だと思う。けど、『Automatic』は、その曲を作った当時、宇多田さんは恋愛をしてて、曲を吹き込むときはその恋愛は終わっていたとか、そんなよく似た話、おれにもあったかなぁ、とかいう曲を思い出すエピソードの量が圧倒的に多い。曲にまつわるエピソードが多いということは、その曲を思い出してもらえる場面が多くなるということにつながる。

 倉木さんの曲が、いつでもどこでもかかるようになるのと同じように、いつでもどこでも思い出してもらえるようになってほしいと思う。
 そのためには、まずは自分で作詩・作曲。
 倉木さん自身が自分の曲に対する思い出をいっぱい作ることが、僕らが何回その曲を思い出すかにつながっていくように思う。

 今日のオリコンは4位。あゆパラさんの掲示板『M・Kボード』にあったinuinuさんの書き込みで知る。詳しくは、あゆパラさんの掲示板まで。

2000年1月23日(日)
 倉木麻衣さんの『Love, Day After Tomorrow』が、毎日放送の『CDTV』で9位。初のベストテン入り。
 今日この番組で、ちょうど去年のランキングを振り返っていたが、宇多田ヒカルさんの『Automatic』は当時3位。画面に映った矢印が下を向いていたってことは、先週(去年の)『Automatic』はもっと上だったのか。

 で、倉木麻衣さんは初のベストテン入りということで、10位から4位までの発表の後、「倉木麻衣さんが急上昇」というコメントを言ってもらえた。しかも、もう一度プロモーションビデオが流れ(少し)、「先週18位から大きくジャンプアップ。ついに9位にランクインした倉木麻衣さんの『Love, Day After Tomorrow』。日本より先に全米デビューを果たしたという彼女。ノンタイアップ曲ながら、デビュー以来6周目にしてトップテン入りを果たしたよーー」と紹介されました。(そのすぐ後、同じレコード会社のルーマニア・モンテビデオさんたちのアルバムが紹介されました)

 で、先週と同じように、今回は『CDTV』の中で1回と、終わってから1回の計2回、『Love, Day After Tomorrow』のCMを見ました。
 そのCMは思い返すと2パターンあるみたい。一つは「アメリカデビューから待望の日本デビュー」(でしたっけ?)というのがデカデカと出てくるもの。そしてもう一つはその言葉が押さえ気味に小さく書いてあるもの。
 僕は今まで「デカデカバージョン」しか知りませんでした。だから、「もうハデやな、ダサイな」とだけ思っていたのです。けど、今日、もう一つの方を先に見ると、なんかドッキッとこない、グッとこない。先週見ているので「慣れたのかな」と思っていたが、後で「デカデカバージョン」を見ると、「およよ」となってしまった。ハデやけど、ダサイけど、「デカデカバージョン」の方が刺激があるみたい。

 まぁ、せやけど、今週は全体的に落ちついて見れたのでよかったよかった。
 さあ、月曜日はFM802に出演ですね。

2000年1月23日(日)-2
 なんと、いとこが倉木麻衣さんと同級生という人の書き込みがある掲示板があります。『SWEETY BBS』さんに書き込んであるオッチャン!のリンクを辿っていって、arvanmec@う〜んさんが報告してくれています。詳しくは、 『SWEETY BBS』さんの1月23日のarvanmec@う〜んさんの書き込みのところを参照。(で、その書き込みの元は、『ZARD掲示板 』さんらしく、その1月14日の書き込みところにあるようです)。でも、なんだか、arvanmecさんと同じように、う〜ん、ですね。

 とOHHO日記を書いていたら、『Love, Day After Tomorrow』がFM802からかかってきました。午後2時27分。ヒロ寺平さんの『OSAKAN HOT 100』です。おっと、順位を聞き逃してしまったが、23?ランクアップとか発表してはったような?(サザンさんが19位だったので、20位だったのかな?そしたら、26ランクアップ?)

 なんと笑ってしまうことに、このページの『Love, Day After Tomorrow』の書き方がすべて『Lobe, Day After Tomorrow』となっていた。「Lobe」とはなんやねん、「Lobe」とは。

2000年1月24日(月)
 倉木麻衣さん今週もFM802に登場。
 今日は、午後5時27分くらいから1分ぐらい。
 内容は、「私にとっての音楽」ということで、「小さい頃からピアノを習っていた」とか「デビュー前にアメリカのボストンに行っていた思い出」とかを話してくれました。(詳しくは、あゆぱらさんのホームページの『M.Kボード』の[237] 「1/24,FM802,ロックキッズ802,「ヴォイス」のコーナー、maimai出演。」のNAOさんの書き込みを参照)

 で、僕はふむふむと聞いていたのですが、最後に言った言葉にガビーンときてしましました。

 「来週が最後です。倉木麻衣でした。ばいばーい。」

 うう、うー、うおんちゅ!

 なんてこった。僕は自分に「ばいばーい」と言われてる気がしてしまいました。
 あれはそうや!絶対そうや! と「自分に言われているのではないか」と、あの一瞬、関西近辺で数万の人がのけぞったのではないでしょうか。そんな、なんか、友達同士の「ばいばーい」だったのです。
 えっ、普通、ちょっとラジオでしゃべっただけで、誰が「ばいばーい」と言います? えっ? ま、南野陽子さんなら言ってくれるかもしれませんが、まさか、倉木さんが言うとは。不意をつかれてしまいました。

 まさかなぁ。こりゃ、ほんま、もっと人気が出てしまうぞ、と思った一瞬でした。

 それにしても、昨日あたりから思っているのですが、何か、このままいくとやばいな、と思っています。何かとんでもないことが起こりそうな、危険な予感がしています。倉木麻衣さんの身に何も起きなければよいのですが、何か、暴走する人が出てしまうのではないかと。そういう人を生んでしまう人ではないか、と倉木麻衣さんのことを思い始めていたりするのです。

 まま、そんな話はおいといて。
 今日のオリコンは、えっと、1月23日付けのデイリーで4位。そして、ウイークリーの1月24日付けで6位。と、ようやっと、オリコンさんのホームページでも、倉木麻衣『Love, Day After Tomorrow』の週間でベストテン入りが確認できるようになりました。
 しかし、ほんま、一回矢印が下を向いたのに、よかったこっちゃ。

2000年1月25日(火)
 倉木麻衣さん新記録!
 と言っても、僕が聞いた中でなのですが、今日FM802で、『Love, Day After Tomorrow』がなんと4回もかかりました。

 午前11時55分。
 午後3時34分。
 午後4時24分。
 午後10時28分。

 ついに、マーキーさんの午後10時台の番組でもかけていただきました。
 すごい。これまた、いろんな人がリクエストをしたからなんだろうなぁ、と思うと、すごいしか言えません。もう、こりゃ、今月のヘビーローテーション状態です。
 で、そのFM802、もう一度書きますが、ホームページからもリクエストができます。そのホームページのURLはhttp://fm802.co.jp/dear802/index.htmlです。

2000年1月26日(水)
 倉木麻衣さん、今日はFM802で2曲確認。
 午後6時10分に『Love, Day After Tomorrow』。
 そして、午後6時14分に、なんと『Baby I Like』!

 岡本祐佳さんDJの『ROCK KIDS 802』で、ついに『Baby I Like』がかかりました。
 でも、なんか「駆け足バージョン」みたいだったので、あれれ、とは思いましたが、これを人は「進歩」というのでしょう。FM802さんも『Love, Day After Tomorrow』だけをかけているだけじゃ芸がないよね、FMって、「ファンキーミュージック」ってそんなもんじゃないよね、と僕らに言ったかのようです。
 そうです、確かにそうです。『Love, Day After Tomorrow』は、きのう4回も聞かせていただきました。けど、倉木さんは、その曲だけを歌っているのではありません。そうですよね、FM802の岡本祐佳さん。

 はあー、毎日新しいことが起こる日々よ。
 今日は、すごい倉木麻衣さんに関するホームページも見たし(倉木麻衣ヒットカウンター参照)、次は、FM802さんで、『Love, Day After Tomorrow』のマキシシングルに入っているもう一曲をかけてもらうことでしょうか。

 で、今日のオリコンは8位。落ちてると言っても、それでもベストテン内だもんな。
 

2000年1月27日(木)
 倉木麻衣さん、今日はFM802で2回。
 午後6時40分と午後9時40分に『Love, Day After Tomorrow』がかかりました。

 で、今日はこんなメールがきた。

 「こんにちは、Yahoo! JAPANです!
ご推薦いただいたページ
< URL:http://homepage1.nifty.com/ohho/mai01.html >
をYahoo! JAPANに掲載させていただきました。
36時間以内に行われるデータベースの更新で掲載が開始される予定ですので、「新着情報」またはURLによるキーワード検索でご確認ください。
なお、掲載のルールにてご説明しておりますように、Yahoo! JAPANでは編集方針に基づき、実際にページを見たうえで掲載先カテゴリを選択し、タイトル、コメントなどを編集して掲載処理を行っております。ご依頼いただいた内容が一部変更になって掲載されている場合がございますことをあらかじめご了承ください。
Yahoo! JAPANがその検索性の高さで数多くのユーザー様からご支持いただいておりますのも、ひとえにサイト主催者様のご協力によるものと考えております。ご理解いただければ幸いです。
また、今後URLや掲載内容の変更をご希望になる場合は「サイトの推薦・変更の方法」の「変更依頼フォーム」
<http://www.yahoo.co.jp/docs/change.html>
にてお知らせください。
ありがとうございました。

ところで、あなたのページにYahoo! JAPANへのリンクを張ったり、Yahoo!JAPANの検索フォームを入れたりすることができます。もしまだお試しでなければ、「Yahoo! How-to」の「Yahoo! JAPANをあなたの近くに!」
<http://www.yahoo.co.jp/docs/howto/homepage/1/1.htm>
をご一読ください。

               Yahoo! JAPANサーファーチームより。」

 ということで、1月20日に気づいたヤフーさんの「倉木麻衣」カテゴリの中に、登録した『倉木麻衣ヒットカウンター』がヤフーさんに掲載されるみたいです。が、そのずっと前に登録してた『OHHO日記』とか、OHHOホームページのトップページはどこへいったのでしょうか。
 こんなに早く載せてもらえるのも、きっと倉木麻衣さんのヤフーさんへの問い合わせが増えているからなんでしょうねぇ。

 で、今日のオリコンは8位(?)。きのうと一緒? ちなみに今日のは1月26日付のものです。
 

2000年1月29日(土)
 ほんま、めちゃめちゃヤフーはすごい。1日で2000も増えるかぁ、って感じだ。まぁ、オオタニくんが2回に、ウノが1995回に、僕が3回って割合だろう。
 今日は、FM大阪を聞いていたので、倉木麻衣さんの『Love, Day After Tomorrow』を聞いたのは、お昼の『ローソンカウントダウン』(だっけ?)で1回聞いただけ(しかもさわりしかなかった)。土曜日のFM大阪って、ハプニングがないからどきどきしないのか。
 

2000年1月30日(日)
 朝というか昨日の深夜というか、毎日放送の『CDTV』で、倉木麻衣さんの『Love, Day After Tomorrow』は第6位。3Dアニメの3人組のコメントは今回なし。しょっぱなの今日の内容を流すところで、『SPECIAL3 今月最も輝いたアーティストは?1月のMVAを大発表!』の文字と同時に一瞬プロモーションビデオが流れる。しかし、1月のMVAはミーシャさんでした。
 曲のCMは、おとなしめの方が番組の間に2回流れる。

 まぁ、今年、注目されてしまうだろう人は、倉木麻衣さん、太田朋さん、灰谷幸さんの3人か。
 

2000年1月30日(日)-2
 『倉木麻衣ヒットカウンター』の『倉木さんに関するホームページ』の載せさせていただいているいくつかのホームページに伺った。
 そしたら、いろんなページが新しくなっていました。

 Love Tomorrowさんは、トップページがさらにきれいに、さらにきちんとなっていました。
 EDEN 倉木麻衣HPさんは、引っ越しをされていました。今までは、宇多田ヒカルさんと同じ所にあったものが、倉木さんだけ独立。アンケートも4種類追加していたりしました。
 Mai Informationさんは、見やすく変わっていました。リンクのページも最新のものが登録制で載るようになっています。
 あゆパラさんは、最新のリンクが登録制で載るようになっているのは前からですが、なんと、スタッフの人の名前が1名。できた時から「スタッフ募集」と書かれていたように思うのですが、とうとう!なのですね。
 まいまいの窓さんも、若干レイアウトが変わり、内容もいっぱい増えていました。
 Mai My Mindさんのところは、相変わらず掲示板の書き込みが多く、がんばっているなぁ、と思いました。

 他にもいっぱい倉木さん関係のホームページが増えています。『倉木麻衣ヒットカウンター』にきてくれた人がいろんなページに行って、自分のお気に入りのページを見つけられたいいのに、と思います。でも、お気に入りのページがなかったら、どんどん作っちゃえ、とも思っています。

 今日のオリコンは5位(1月29日付)。昨日は6位(1月28日付)でした。

 そうそう、明日は倉木さんがFM802に出演する日です。
 といっても、たぶん約1分くらいだと思いますが。
 時間は、午後4時〜6時の間。鮎貝さんがDJの番組です(先週と先々週は午後5時半前後に出てきました)。
 で、そのFM802、何度でも書きますが、ホームページからもリクエストができます。そのホームページのURLはhttp://fm802.co.jp/dear802/index.html
 いつも倉木さんの登場の後は、『Love, Day After Tomorrow』がかかります。明日は1月最後、最終回の日です。たまにゃ、『Love, Day After Tomorrow』のC.W.の『Everything's All Right』をかけてもらってもいいですよね。ということで、鮎貝さん、お願いしますよ。(と言っても、僕は鮎貝さんの知り合いではありません。僕の勤めている会社・株式会社タップハウスは、FM802に歩いていける距離にあるのですけど)。

 ということで、今週もよい週になりますように。みんなのページがヤフーさんに登録されますように。

2000年1月31日(月)
 FM802(えふえむ・はちまるに 周波数80.2)で、今日は倉木麻衣さんが『Love, Day After Tomorrow』で3回かかる。
 午前11時28分。
 午後3時40分。
 午後5時22分。

 と言っても、3回目は倉木麻衣さん登場の後にかかったもの。今日が最終回だった『ボイス・オブ・マイ・クラキ』(?)です。
 今日の倉木さんの話は『今後の予定(活動について)』。
 で、内容は、あゆパラさんの掲示板『M・Kボード』のNAOさんの書き込み([377] 1月31日放送・FM802・ロックキッズ802MONDAY・「ヴォイス〜Mai Kuraki」のコーナー、最終出演。)を参照。
 ファーストアルバムは「今世紀中」に出したいそうです。

 まぁ、それにしても、今日も奇跡の「ばいばーい」が出ましたが、おっとどっこい。今日は心の準備ができていたので、卒倒しませんでした。あぶないあぶない。

 で、今日のオリコンは6位(1月30日付)。そして、週間は、なんと5位!(1月31日付)。なのですが、「5位だ」というのは、もうあゆパラさんの掲示板のKenken さんの情報でみんな知っていたりするのですね(Kenken さんの情報はめちゃくちゃ早い。日本一ではないか)。だから、もういろんな人が「5位!」というのは知っていたりしますが、とりあえず、「ベスト5」ですよ、カズ、見てるか?

 今週もよい週になりますように。
 おっと、月が変わるので、明日からこのページは別のところにしなくちゃな。