メ タ ボ キ ャ ン プ i n 南 ア

2007年7月21、22日(雨、晴)

静岡BNT 寸又さん みっちゃん 浅川さん
渓道楽 なべさん たかさん
関東エロ本軍団 かっきー&大ちゃん
関西 魚ヤ



 年齢的にはね、いよいよ真剣なメタボリック釣り師ですわ。常習的にアルコールに溺れた面々が、懲りもせずまた酒を酌み交わしている訳であります。渓流シューズは体重を支えきれずただ一回の使用で破壊。最近はメーカも、シューズの丈夫さを謳い文句にしているようだしね。魚氏とて例外ではなく「ヨーガ」が「酔うがな」になり「エクササイズ」が「ええ糞サイズや」とウンコの長さを競うのでありました。これでも当時は黒部をちゃんと遡行していたんですよ。今では関西のあちこちのボルダーホールドを壊しまくり(加重オーバーで)室内壁では壁ごと剥がれてしまう。黒烏龍茶がどうした?私に至っては、マクドとんこつ油脂ギラギラ系の誘惑に負け続け、犯せ町ラーメン横丁のみならず新横ラー博にまで平日遠征している有様。終には天一こってり大盛りを普通に完食するのでありました。味覚はとっくに麻痺。みっちゃんとはパーコー麺の批評をめぐり険悪ムードのままだし。かきさんはほぼ毎週ハードな山行をこなしていますが、相変わらず胃痛が酷いようで深酒厳禁エロDVD解禁状態です。

霖雨の南ア深南部を歩く





 まじめな話、最近は荷物を背負って歩くのもハードです。実は一ヶ月前に、運動不足解消と思って足の屈伸運動を10分ほど行ったせいで、2週間も筋肉痛に悩まされるということがありました。だから、それ以降は運動しないようにしていたのです。もちろん高低差の無い平坦な川なら普通に歩けのは歩けるのですが、その後必ず後遺症が出ます。家族サービスもあるし、毎週フィールドに出れないサラリーマン足腰は、もう最低限歩くだけの筋肉しか残っておりません。両足は脂身だらけで真ん中の足だけが年中筋肉質になっている。逆なら良かったのに?いや、まだ良くないか。


まさかのポインズンリムーバー


かきさんの素早い処置が唯一適切であった


本日の宴会場





 「解散だー」が口癖のなべさんは仕事も家庭も安泰。のんびり静かに呑んでいます。「更新ないねー」のストレートな口撃に気分を害していたたかさんは調理と食べる専門。川も濁っていて釣り出来なかったからね〜。(支流で釣りしたらしいが戦果は?)寸又さんと浅川さんはめちゃくちゃ呑んでました。その分荷物も半端なく重い!毎度のことですが有難う御座います。

軽いおつまみに始まってスイカで締める




私が一番に寝てしまったので夜どんな料理が出来たのか知りません。



 辺りにエロポンが散乱し始め、森の中はアルコール臭で充満。破綻破錠崖っぷちUFCの事もすべて忘れ、食え食え呑め呑め美味無双極楽法悦境大作戦!サプライズ!サプライズ!まさに快楽悦楽の世界だ。浮世はええ!山もええよ!酒が旨くて仕方が無い!憎っくきヒルも焼いて食っちまおう。新メニューの蛭チャーハン、蛭麺、ゴーヤ蛭プルも旨いぞ!蛭バーグはまだかな?ヒルホープ株式会社。社長は吉田さん、営業浅川さん、調理主任寸又さん、商品保険担当シンヤさん。解凍は所ノ沢の水で(ところのさわじゃないよ、しょのさわ)。ダンボール混ぜるな危険。ロイヤリティもフリーでOK!鉛フリー化餌釣り禁止ってかっ!!これはいったいなんのノリじゃ?

史上最悪の源流釣り師





 今回はそもそも、魚氏がみっちゃんとのんびり釣りをする予定でした。それに私が後から参加したわけですが、雨で沢行きが中止となったかきさんも誘いました。そこに寸又さんグループ(なべさんたかさん)も合流することになったので、このような大宴会になったわけです。林道が台風で陥没し、行き先が限定されてしまったこともありますが。蛭さえいなければ、この世の楽園と言っても過言ではない南アルプス深南部の山です。今年も山でほろ酔いながら語らうことの幸福をかみしめるのでした。霖雨の天場にパチパチと火が揺れる。のはずが、雨で焚き火つきませんでした。かなりがんばりましたがすぐに沈火。焚き火ソリューション!焚き火それーしょん!べんだ源流釣り師。人のふり見て我ふり直さず、郷に入っても我を通し、お下劣釣り師の日本代表であるという矜持を持って皆に振舞い「永遠の少年・・・」なんてお前は宇宙人か!?そんな酔っ払いの戯言が際限なく続くのでした。もはや新小岩駅のアナウンスまでもが「ちんこいわ〜ちんこいわ〜」と聞こえ、金沢文庫駅では「かなざわうんこ〜かなざわうんこ〜」と聞こえてしまう。環境に厳しく自分に優しい。もとい、環境に優しく自分にも優しく他人には厳しい。






 とまあー今年もこんな具合だから罰が当たりました。私ではなくみっちゃんが。もう言葉もありません。昨年は○○騒ぎ、今年は○折に始まり次は何かと思っていたらマムシでした。先発している寸又さん組の天場が見えたその時でした。みっちゃんが蛇を捕まえようとして指を噛まれてしまったのです。みんなと合流できると思った安心感から出た油断だったのです。私は傷口を切開し毒の吸出しを推奨したのですがこれは大間違い。リムーバーで吸い出すのが正解でした。(消毒もかきさんが行いました。)さらに「酒でも飲めばアルコールで消毒されるでしょう」というのは究極の危険行為、絶対やってはならないことをやってしまいました。みんなの気遣いがみっちゃんを確実に死へと近づけていました。しかし、みっちゃんはマムシ毒ぐらいでくたばるようなへなちょこではありません。ビールのアルコールで毒が全身に気持ちよく行き渡り肝機能低下筋肉壊死体温低下しようとも、咬まれた左手が一寸たり動かずとも、みっちゃんは雨具を着込んで酒宴を愉しんでおりました。焼酎も体内マムシ酒になって丁度良かったとか。もはや究極の馬鹿。これも旗頭の宿命とでもいうか今年も体を張ってがんばっているわけです。それだけはどうぞご理解頂きたい!次はきっと熊と格闘技だろうなー。誰がやるんかな〜。(((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル)しかし、そこまでしてネタ作らなあかんのか?


悔しいかな帰路はいつも晴れ





 朝起きて、みっちゃんが生きていたのでほっとしました。帰路病院へ行き点滴などの処置を受けたそうです。マムシに咬まれたあと宴会一晩は医学的にも珍しい患者だったそうで、国内1例だけの貴重なサンプルとして入院したとかしないとか。そんな内容のメールがまわってましたが、きっと奥方様はかんかんだったろうと思います。渓流釣りはしばらく自粛かな。鮎釣り師に転向か。
マムシ参考文献

魚師が釣った美しいアマゴ






WMV MPG
(MPGは右クリックメニューの”対象をファイルに保存(A)”で保存後見れます)


ということで、皆様大変お世話になりました。みっちゃんお大事に!


トップページ