規制区分とは?

 

医薬品の有効成分によって薬理作用、副作用、安全性等が異なるため、有効成分の種類に応じて取り扱いに特別な規制(薬事法、麻薬及び向精神薬取締法、覚せい剤取締り法等にて)が設けられています。

  1. 毒薬・劇薬
    ・毒性が強い
    ・常用量と中毒量がきわめて近い(安全域が狭い)
    ・副作用の発現率が高い・蓄積作用が強い

    等により厚生大臣が薬事法に基づいて指定した医薬品です。毒性の強弱により毒薬、劇薬に区分されます。
  1. 要指示医薬品
    医師、歯科医師、獣医師の処方せん又は指示によらなければ販売又は授与してはならない医薬品です。

  2. 指定医薬品
    原則として薬種商(薬店)の取り扱えない医薬品です。言いかえれば、原則として薬局のみ販売できる医薬品です。

  3. 習慣性医薬品
    連用(続けて使用)により精神的依存性を生ずる恐れのある医薬品です。

  4. 向精神薬
    中枢神経系に作用して精神機能に影響を及ぼす物質のうち、依存性がありかつ乱用された場合の有害性が麻薬、覚せい剤に準ずるものが指定されています。(睡眠薬など)

  5. 麻薬
    麻薬及び向精神薬取締法で指定されているもので、麻酔作用を有し、連用すると耽溺症状(一種の慢性中毒症状)を起こす薬剤です。(モルヒネ、リン酸コデイン、コカイン等)

  6. 覚せい剤
    中枢神経興奮作用が強く、睡眠防止、疲労感の除去などの作用を持つ薬剤で、依存性が強く、乱用すると幻覚など異常な精神症状を起こします。

  7. 覚せい剤原料
    覚せい剤の製造原料として使用されやすいものを言います。

 

 

バイアグラってどんな薬?に戻る