新着情報

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

最近の工作から:南海2000系 その2
2010/03/13

では屋上のハイライト、パンタ配管工作です。南海のパンタ配管というと その独特な配管支持材が有名です。このキットにも洋白エッチング製の独特な形状の配管支持が入っていました。但し屋根には穴が開いておらず、指示図面に従ってシコシコと穴をあけます。まあ、ココまでは普通なのですが、このキットには配管から高圧ケーブルが顔を出しているところまで作るように指示されており、φ0.6の真鍮線(無垢材)の他に外径φ0.6内径φ0.4の真鍮中空パイプまで入っています。そしてケーブルはφ0.4の真鍮線をナマして差し込めとなっているのです。私の場合はナマしても曲げの自由度の低い真鍮線より銅線の方が使いやすいので、ケーブルはφ0.32の銅線に変更して工作しています。但しこの中空パイプは高価なので配管の端部のみとされ、約5〜7ミリ程度だけです。下の写真のような部品を作って配管端部に半田付けしました。

で、出来たのがこんな感じです。ケーブルの曲げ具合は如何でしょうか?ちょっと長すぎたかな?

今回の工作は屋根上だけだったので4日程度の小工作でした。この工作が完了したのでオーナーYamaguchi氏に完成メールを送っておいたら、“動力系組込もヨロシク”って返信が来てしました。また来週あたり部品確保のために模型屋さんに行かなくっちゃ! あれ南海2000系の台車って市販品あったっけ??

広島レポート1:呉線で103系を撮る その1
2010/03/01

2月最終土日の27/28日に103系を追いかけて広島へ行って来ました。既に皆さんも御存知と思いますがJR西日本では保守省力化の一環で塗装作業の簡易化のため、複雑なデザイン塗装をやめて電車/気動車は単色塗りとすることを決めました。このアオリで複雑塗装を助長した広島快速色のみならず、いわゆるコクテツショクである瀬戸内色まで廃止の憂き目を見ることになってしまいます。瀬戸内色の103系が無くなる前に広島を訪れておかなくてはならないと思い、今回の計画を立てました。広島では103系4連口を113系に置き換える作業も進んでおり、これらの記録を残す目的もあり今回も遠征となったわけです。では、今回の広島遠征で得た情報をカテゴリー別にレポートしていきたいと思います。最後の番外編を含めて7編の長編レポートです。最後までお付き合いを宜しくお願いいたしますm(_ _)m

まず第一回目は呉線で103系を追ったレポートです。今回は広島在住のサロマニア御常連様まろねふさんに一日アテンドして頂き、呉線撮影を進めました。実はまろねふさんのブログを読んで気になっていたところがあったのです。呉駅のトナリの小さな駅近くに電車が路地裏を走るような風景があったのです。是非ここへ行きたいと思いまろねふさんに連れて行ってもらいました。

1)坂の町らしい風景
一見、尾道?と思えるような場所ですが呉の近くです。呉という町も尾道と同じ坂の町だったのです。ここはその呉のトナリの川原石と言う駅の近くです。

2)柵もない道と‥
まろねふさんに教わっておきながら、あまり人には教えたくない場所‥‥我が儘でスイマセンm(_ _)m いや、“撮り鉄”というお騒がせ人種が押し寄せるとまた電車が止まっちゃう‥‥って、こんなところには来ないでしょう、わざわざ103系を撮影しには。

3)安芸阿賀にて離合
次の目的地は安芸阿賀、そうです黒瀬川橋梁へ向かいます。詳細は次ページをご覧いただきますが、先ずは安芸阿賀駅での103系離合シーン、まだまだこんな風景が日常茶飯事なのです。日常の風景を撮影することが身上のワタシとしては、コレでいいんです。毎日毎日何回も繰り広げられているシーンなのですが、コレを撮るときはドキドキしちゃうんですよね(笑)

↓あと6編ありますヨ!(笑)

広島レポート2:呉線で103系を撮る その2
2010/03/01

目的地第2弾! お馴染みの黒瀬川橋梁です。
呉線は海を背景に撮影できる名所が数々あるのですが、その場所は広〜糸崎側に集中しており、残念ながら103系が頻繁に走る区間ではありません。そこで今回も広島〜広間で風景撮影に適した場所を探すと矢張りココになってしまいました。今回もお天気には恵まれ気持ちよく撮影できました。

1)青空の下を行く103系3連
あまりにも青空がキレイだったので空を強調してみました。呉港近辺は午後3時くらいが干潮時間にあたり黒瀬川も水量が極端に少ない状態でしたので、水鏡は期待できずこんな絵になりました。

2)ようやく撮れた4両編成
風前の灯火となった103系4両編成仕業ですが、呉線の運用も広まで入るのは2往復のみ、撮影時間帯を走るのは1.5往復、それも113系と共通運用で来るか来ないかは博打状態です。初日27日はなんと113系が来てしまい、2日目の28日にようやく撮れました。戸袋窓のあるB−09編成の登場を期待したのですが、来たのはE−07編成でした。でも撮れただけヨシとするか!

3)最後のキメショット
ようやく撮れた呉線での4連仕業ですが、折り返しの列車を撮影して帰路に就くことにしました。取り敢えず最後の最後に満足のいくショットを撮れ、気持ちよく帰れました。

でもB−09編成はやっぱり撮りたいな! もう一度、広島遠征するか!?

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -