新着情報

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

クモル24・クル29
2010/04/30

某オークションでゲットしました。知る人ぞ知る、解る人には解る、そうです、小高模型の伝説的製品、配給電車クモル24とクル29の編成です。ホコリだらけですが ほぼ完品状態で入庫してきました。思ったより安く入手できたと 密かにほくそ笑んでおります(笑)

ここで悩みが一つ‥‥
クリーニング&レストアに留めておこうか?それともバラシて現代風にオリジナライズしてしまおうか? それが問題だ‥‥(爆)

皆さん、どう思いますか? 暫くはクリーニング&レストアして運転会に持っていこうとは思いますが。

南海、その後
2010/04/25

 前回更新から一ヶ月以上が経ってしまいましたが、何もしていなかったわけではなく、115系の車体工作や103系の車体塗装をしていました。南海は?というと、そのままオーナー様に納品とは行かず駆動系パーツの調達・組立を請け負ってしまったため、部品が揃うまでまたお昼寝となってしまいました。

 オーダーから一ヶ月、ようやく全ての部品が揃い総組立となりました。私にとっては初めての難解車両でした。いや(笑)南海車両でしたので見たこともない台車や19メーター車体と初体験の連続でした。ただ組立その物はMPギアにCN16、おまけでエンドウ全輪集電システムでしたので手慣れたモノです(^_^)v
唯一手を焼いたのが別部品となっているボルスターアンカーとトルクロッドAssyパーツの位置決めと取付でした。当初は床板側に取り付けるモノとばかり思っていたのですが、その様に付けると台車が首を振りません。色々考えた末に解ったのがパーツは車体側に取り付けると言うこと、ん〜馴れないパーツは難解! ‥なんちゃって(爆)

 日曜日の午後、鼻歌交じりで完成しました!
試運転してないけど、モーターの極性、大丈夫かな?
さて、オーナー様に完成報告と納品日程を決めなくちゃあ。

最近の工作から:南海2000系 その1
2010/03/13

突然、南海電車を作り始めました! しかもSUS車!! えっ?どうしたの?熱でも出た?っていわれそうですが‥(笑)

種明かしをすると これは頼まれものでした(^^;)
げたでんメンバーのYamaguchi氏が入手した仕掛かりキットを塗装直前まで完成させることを頼まれたのです。頼まれたのは既に1〜2年前頃?自分の工作が建て込んでいて手が着かなかったのですが、既に工作報酬は前払いで貰っちゃっているし(現物支給です(^^;) )、そろそろ手を付けなきゃいけないなと思っていたところで、103系広ヒロが一段落したので、思い切って箱を開いてみました。

箱を開けてビックリ!! いやいや細かい部品がぴっちり‥‥ と、車体は箱状態まで組あがっているモノの真っ黒け! 先ずはクレンザーでゴシゴシから始めました。預かったときは“パンタ配管の工作が大変だから、そこだけヨロシク!”って受け取ったんですが、パンタ配管の工作をするためには、その前に付けなければならない部品がタップリ。雨樋、縦樋、ランボード‥‥先ずはこれから始めました。いずれも合う部品であまり苦労せず付きます。特にランボードは洋白板材にエッチング加工でスジ彫りを入れキッチリ折り曲げた部品になっており、屋根R部にピッタリ合い、どこかの素材キットとは違う凄いモノでした。

このキット、前オーナーが途中で投げ出した出物だったんですが、こんなに気持ちよく部品が合うんだから 投げ出さずに仕上げれば良かったのに‥‥って、お節介ですね(笑)

てな感じで工作は順調に進み、いよいよクライマックスのパンタ配管です。では、次ページをどうぞ。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -