おおぐま座 ξ

ξ UMa

全天屈指の連星です。公転周期は60年で離角、位置角の追跡をライフワークにするとおもしろいかもしれません。1992年11月に離角は最小の0.9”となりました。2002年には極大(最大ではありません)の1.8”となり2010年には極小の1.6”となった後、離角は再び増加します。天頂付近を通過するので気流の安定した時にはぜひチャレンジしたい対象です。
ξUMa 赤経:11h18m、赤緯:+31.5゜
 4.3(G0)−4.8(G0) 

Copyright by A.Inaka. All Rights Reserved.