Σ1520 UMa

Σ1520UMa

淡い黄色と青白のペアで美しく感じます。この程度の離角は重星として見ばえがします。赤いライトを使用した直後では、微妙な色彩を把握できなくなります。重星観望の時には目を充分なじませることが必要です。ふくろう星雲の2゜南にあるのでついでに観望するとよいでしょう。
Σ1520UMa 赤経:11h16m、赤緯:+52.8゜
 6.6(F2)−7.9 

Copyright by A.Inaka. All Rights Reserved.