や座 ε

ε Sge

離角が大きいので重星らしく感じられないでしょう。望遠鏡に低倍率をかけて見ると黄色と青のペアで意外と楽しめます。過去167年間で離角が2.7”減少したことが報告されています。画像には1949年測定の文献値を記載しました。東側すぐそばに、HN84があります。ついでに見るとよいでしょう。
εSge 赤経:19h37m、赤緯:+16.4゜
 5.7(K0)−7.7 

Copyright by A.Inaka. All Rights Reserved.