Δ209 Sco

Δ209Sco

小口径では暗いので色を把握できないかもしれません。私は10cmの屈折望遠鏡でこの星を見た時、橙色−水色のペアに見えたと記録しましたが、撮影結果は共に青白色でした。この結果はスペクトル型から判断しても妥当です。重星の色は体調や空の状態、用いた光学系などにより大きく変化します。このことが重星観望の醍醐味の1つでもあるのです。広角ペアさそり座μの北北西約1゜のところにあるので導入は容易です。この星とμとの間には見ばえのするh4889があります。
Δ209Sco 赤経:16h48m、赤緯:−36.9゜
 7.4(A5)−8.5(A) 

Copyright by A.Inaka. All Rights Reserved.