がか座北部

がか座北部

がか座北部、りゅうこつ座、とも座との境界部でカノープスの西側にあたる星域です。見やすい重星が多く集まっています。とも座R65は周期53年、離角0.8”(2000年)の見事な近接ペアで現在離角は減少中です。とも座Gは離角1.1”ですが不等光で分離は困難です。
がか座βは何の変哲もない白色の星ですが、ディスク状にダスト雲が取り巻いていることが判明しています。これは太陽の周囲にあるカイパーベルト天体と同じようなものと考えられています。その中から惑星が誕生していることも確認されています。そのようなことを想いながらこの4等星を見ると一層楽しいことでしょう。また、がか座ιの東すぐそばに不規則銀河NGC1705があります。1700万光年のところにある小型の銀河で、その中心部の画像がHSTにより得られています。
印のところに、ESO255−7銀河があります。相互作用によりできた銀河でHSTによる美しい画像が公開されています。

STScI Webサイトへ がか座βにある2つのダストディスク
がか座βの周りのディスク
がか座βのディスク
NGC1705 銀河中心部
相互作用する銀河 ESO255-7

ESO Webサイトへ がか座βのディスク
がか座βにある惑星の移動
がか座β周辺のダストディスク

Copyright by A.Inaka. All Rights Reserved.