ほうおう座 θ

θPhe

白色の清楚なペアです。過去156年間で位置角は8゜増加していることが報告されています。日本からでも南の地平線低く顔を出しますが分離は困難でしょう。
θPhe 赤経:23h40m、赤緯:−46.6゜
 6.6(A3)−7.2 

Copyright by A.Inaka. All Rights Reserved.