へびつかい座 λ

λOph

周期129年の連星で現在離角は極大近辺で見やすくなっています。2040年には1.1”と見にくくなります。夏場は気流の安定する事が多く、近接ペアの観望には絶好のシーズンです。風のない蒸し暑い宵には望遠鏡を向けたい対象です。
λOph 赤経:16h31m、赤偉:+02.0゜
 4.2(A1)−5.2(A4) 

Copyright by A.Inaka. All Rights Reserved.