Σ1009 Lyn

Σ1009

ほぼ等光の重星で分離も容易です。ただ、冬場は大気の安定しないことが多くチャンスは意外と少ないかもしれません。過去167年間で離角が1.4”増加し、位置角は10゜減少したことが報告されています。
Σ1009Lyn 赤経:07h06m、赤緯:+52.8゜
 6.9(A2)−7.0 

Copyright by A.Inaka. All Rights Reserved.