うみへび座 ε

ε Hya

スペクトル型F7の伴星は水色に見えて主星との美しいコントラストを楽しめます。晩秋には既に東の空から昇ってきます。冬の間は空の高いところに見えているのですが、きれいに分離して見えることは皆無です。この星の美しさを堪能するためには、気流の安定する5月の夕暮れに見る方が良いでしょう。公転周期990年の連星で、離角はわずかずつ増加しています。3.4等に見える主星は3.8等と4.7等の連星ですが、分離は不可能です。
εHya 赤経:08h47m、赤緯:+06.4゜
 3.4(G0)−7.0(F7) 

Copyright by A.Inaka. All Rights Reserved.