S537 CMa と S538 CMa

S537とS538

2つの重星が接近して見える光景はなかなか見事です。ο1の約1゜西にあるので導入も難しくないでしょう。ファインダー内で南北に並んでいる2つの星がターゲットです。
北側にある明るい方がS537です。6等星の主星は6.3等と7.6等の重星ですが離角は1.8”で冬の悪シンチレーション下では難しいでしょう。
S538はS537に比べるとわずかに暗いですが、主星と伴星の光度差は小さくかなり楽しめます。

S537CMa 赤経:06h50m、赤緯:−24.1゜
 (6.3(A0)-7.6)-8.6(A2) 
S538CMa 赤経:06h50m、赤緯:−24.1゜
 7.2(A2)−8.5 2つで

Copyright by A.Inaka. All Rights Reserved.